2021-01-22 17:07:00

ウィンターミュートがライトスピード・ベンチャー・パートナーズとパンテラ・キャピタルによるシリーズB資金調達ラウンドで2000万ドルを調達し、OTC、デリバティブ、アジア事業を拡大

プレスリリース発表元企業:Wintermute
ウィンターミュートがライトスピード・ベンチャー・パートナーズとパンテラ・キャピタルによるシリーズB資金調達ラウンドで2000万ドルを調達し、OTC、デリバティブ、アジア事業を拡大

ウィンターミュートがライトスピード・ベンチャー・パートナーズとパンテラ・キャピタルによるシリーズB資金調達ラウンドで2000万ドルを調達し、OTC、デリバティブ、アジア事業を拡大

(ロンドン & 米カリフォルニア州メンローパーク)-(ビジネスワイヤ) -- デジタル資産アルゴリズム流動性プロバイダーのウィンターミュートは本日、ライトスピード・ベンチャー・パートナーズが主導してパンテラ・キャピタルが参加したシリーズBラウンドを完了して2000万ドルを調達したと発表しました。ライトスピードのパートナーのジェレミー・リュー氏がウィンターミュートの取締役会に加わります。

このラウンドに参加した他の投資家には、シノ・グローバル・キャピタル、ケネティック・キャピタル、ロックアウェイ・ブロックチェーン・ファンド、ハックVC、DeFiアライアンス、およびフィデリティ・インベストメンツ親会社のFMR LLCと関係するベンチャーキャピタル・ファンドのエイボン・ベンチャーズが含まれます。ブロックチェーン・ドットコム・ベンチャーズを含むすべての既存投資家もこのラウンドに参加しました。

ライトスピードのパートナーのジェレミー・リュー氏は、次のように述べています。「ウィンターミュートは、わずか6カ月前にライトスピードが同社のシリーズAラウンドを主導して以来、ほぼ25倍に成長しました。このようなことはめったに起こりません! 今後もウィンターミュートとその意欲的な拡大計画のサポートを続けられることをうれしく思っています。」

パンテラ・キャピタルの共同CIOのジョーイ・クルーグ氏は、次のように述べています。「暗号市場の規模と複雑さが増大し、脱集中型取引所がマーケットメーカーとユーザーをより直接的に結び付け始める中で、この分野には、共に進化して市場を効率的に維持できる流動性プロバイダーが必要になるでしょう。ウィンターミュートのマーケットメーキングに対する機敏で高度なアプローチは、成長するこの金融システムの流動的で効率的な市場を実現するための鍵になると考えています。」

ウィンターミュートは暗号ネイティブのマーケットメーカーであり、価格の透明性を保つ効率的で流動的な市場を作り出し、脱集中型金融システムの構築に注力しています。2017年の創設以来、当社チームは暗号市場で最大級の流動性プロバイダーとなり、CeFi、DeFi、OTCにおける約50の暗号取引所と取引プラットフォームにわたって数千種のペアを取り扱っています。

当社は2020年には月当たり60%の成長率で驚異的な成長を遂げ、12月の月間取引高は300億ドルに達しました。ウィンターミュートはまた、2020年に最も有名な数件のプロジェクトに流動性を提供し、2021年にはさらに多くのプロジェクトをサポートする予定です。

当社チームは2021年に向けて大きな成長計画を策定しています。ウィンターミュートは現在、ベータ・カウンターパーティーで独自のRFQプラットフォームを試験運用しており、第1四半期内にこれを機関投資家向けにリリースする予定です。ウィンターミュート最高経営責任者(CEO)のEvgeny Gaevoyは次のように述べています。「当社は市場で最も競争力のある価格設定をしているため、協力するカウンターパーティーやパートナーによって文字通りこの事業に引き込まれました。OTCで使用するアルゴリズムは、当社の自己勘定取引で用いているものと同じであるため、価格設定において当社は有利です。当社はOTC業務に手数料をかけていないため、カウンターパーティーは当社と直接取引することで仲介業者を排除し、手数料を削減することができます。RFQの開始により、当社はより大規模にOTC取引を提供できるようになります。」

ウィンターミュートはまた、デリバティブ事業の拡大を目指しています。ゲボイは次のように述べています。「当社はこれまで現物取引に重点を置いてきましたが、Optiverのように従来のHFTから始めた当社は、パーペチュアル、先物、オプションにわたるデリバティブ市場に流動性を提供するためのあらゆる専門知識を社内に有しています。」

当チームの大部分はロンドンを拠点としていますが、ウィンターミュートはアジア、米国、欧州の現場で常にグローバルに活動してきました。当社は、RFQとデリバティブの事業の立ち上げにより、物理的プレゼンスをアジアに拡大できると考えています。ウィンターミュートは、2021年第1四半期に、シンガポールに最初の国際オフィスを開設する予定です。

この最新の資金調達ラウンド以前に、当社は、ライトスピード・ベンチャー・パートナーズが主導したシリーズAラウンドを2020年6月に完了し、2020年1月には、ブロックチェーン・ドットコム・ベンチャーズが主導した機関投資家向けシード資金調達ラウンドを完了しました。ウィンターミュートの詳細情報については、www.wintermute.comをご覧ください。

ウィンターミュートについて

ウィンターミュートは、デジタル資産の世界的なアルゴリズム流動性プロバイダーです。ウィンターミュートの使命は、すべての精査された取引プラットフォームと独自のRFQプラットフォームにわたって、機関投資家および個人投資家向けの流動的で効率的かつ透明な市場を創出することです。ウィンターミュートは、従来の金融市場の経験豊富なトレーダーとエンジニアによって設立・運営されており、アルゴリズムおよび高速取引のベストプラクティスをデジタル資産市場で生かします。www.wintermute.com

ライトスピード・ベンチャー・パートナーズについて

ライトスピード・ベンチャー・パートナーズは、企業・消費者・健康セクターで破壊的イノベーションとトレンドを加速させることに重点を置いたマルチステージのベンチャーキャピタル企業です。過去20年間にわたり、ライトスピードのチームは数百人の起業家を支え、世界各地で400社以上を支援してきました。これには、Snap、Affirm、Nutanix、AppDynamics、MuleSoft、OYO、Guardant、StitchFix、GrubHubが含まれます。ライトスピードとその関連会社は現在、世界的なライトスピード・プラットフォーム全体で105億ドルを運用し、投資担当者とアドバイザーを、シリコンバレー、イスラエル、インド、中国、東南アジア、欧州に配置しています。www.lsvp.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。



businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20210122005095/ja/

連絡先
Marina Gurevich
Chief Operating Officer
Marina.Gurevich@wintermute.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース