2020-12-04 21:19:00

DXCテクノロジーとマイクロソフトが協業し、グローバル企業向けにさらに個別対応のインテリジェントで安全な最新のワークプレイス体験を実現

プレスリリース発表元企業:DXC Technology
DXCテクノロジーとマイクロソフトが協業し、グローバル企業向けにさらに個別対応のインテリジェントで安全な最新のワークプレイス体験を実現



(米バージニア州タイソンズ)-(ビジネスワイヤ) -- DXCテクノロジー(NYSE:DXC)は本日、マイクロソフトとの戦略的協業を拡大し、さらに個別対応のインテリジェントで安全な最新のワークプレイス体験を提供して企業が急速に進化するビジネス上の課題と顧客・従業員のニーズに対応できるよう支援すると発表しました。

DXCとマイクロソフトは、協力して企業が最新のワークプレイス体験により従業員を強化し、顧客企業の従業員がいつでも、どこでも、どのデバイスでもシームレスかつ安全に作業できるようにするソリューションと一連のサービスを提供します。

DXC MyWorkStyle™により、DXCは、導入数で最大のワークプレイス顧客企業基盤と最新のワークプレイス体験の詳細計画を生かします。この協業の一環として、マイクロソフトとDXCは協力してソリューションを共同開発して提供し、数百万個のデータに基づく人工知能と機械学習を活用して、最新のワークプレイス体験を作り出します。

DXCとマイクロソフトは、先進的テクノロジー、エンジニアリング人材、アーキテクトを結集して、DXC MyWorkStyleプラットフォームを強化します。このプラットフォームは、Microsoft 365とTeams、Dynamics 365、Power Platformを含むマイクロソフトの一連のサービスを活用します。

両社の目標は、お客さまに新たなレベルの従業員体験を提供し、職場でさらなる価値を引き出すことです。DXCとマイクロソフトのパートナーシップは大変革をもたらすものであり、両社は仕事の未来を永続的に変えることに取り組んでいます。DXCはお客さまが選ぶトップの企業として、お客さまのために最新のワークプレイス体験を生み出します。DXCはすでに、DXC MyWorkStyleプラットフォームの導入と採用に取り組んでおり、世界各地の自社の社員に優れた体験を提供しています。

DXCは、ワークプレイス・サービスを提供する世界最大の企業として、67カ国で1000社を超えるワークプレイスのお客さまをサポートしています。当社はバーチャルで、720万台を超えるデバイスと130万台のデスクトップを管理しています。これは一番の競合他社のほぼ2倍です。DXCはまた、Microsoft Office 365とTeamsの820万座席以上を管理し、56種類の言語で毎年4000万件を超えるサポート要求に対応しています。

DXCのマイク・サルヴィーノ社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「最新のワークプレイス・ビジネスならびにマイクロソフトとのパートナーシップに意気込みを感じています。仕事の世界は恒久的に変化しました。今では、バーチャルで仕事をすることはすべての企業にとって「必須事項」です。これは、マイクロソフトとDXCの双方のお客さまにとって、それぞれの従業員が中断することなく作業できるよう支援し、真の意味でバーチャルでの最新のワークプレイス体験を提供して、従業員の生産性を高め、より関わりを深め、チームメイトとのつながりを深める絶好の機会です。」

「この数カ月にわたり当社は戦略的代替案を検討した結果、このビジネスを継続することで、仕事の未来を規定し、お客さまと当社従業員により多くの価値を生み出す機会が得られると判断しました。」

マイクロソフトのワールドワイド・コマーシャル・ビジネス担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのジャドソン・アルソフ氏は、次のように述べています。「法人のお客さまは、クラウドベースのサービスの導入を加速して従業員の体験を向上させ、データ主導の知見に基づくより適切な意思決定を促進し、新たな方法でお客さまを引き付けています。DXCとの協業を強化できたことをうれしく思っています。これにより、法人のお客さまは自社のクラウド戦略を進展させ、ビジネス変革を実現することができるでしょう。」

DXCテクノロジーについて

DXCテクノロジー(NYSE:DXC)は、世界的企業が基幹的システムと業務を運営しつつ、ITの近代化とデータ・アーキテクチャーの最適化を行い、パブリック/プライベート/ハイブリッド・クラウド全体でセキュリティーと拡張性を確保できるように支援しています。当社は何十年にもわたって革新を推進しているため、世界最大手企業はDXCに信頼を寄せており、当社の企業向け技術スタックを展開して、新たなレベルの業績、競争力、顧客体験を実現しています。DXCストーリーの詳細や、当社の人々、顧客、業務実行への注力姿勢については、www.dxc.technologyをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。



businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20201204005281/ja/

連絡先
Richard Adamonis, Corporate Media Relations, +1.862.228.3481, radamonis@dxc.com
Shailesh Murali, Investor Relations, +1.703.245.9700, shailesh.murali@dxc.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • 「Zaim 一生黒字プラン」の画面イメージ。(画像: Zaimの発表資料より)
  • ジープ・グランドチェロキー「WK 10th Anniversary Edition」(画像: FCAジャパン発表資料より)
  • 紙容器に切り替える弁当(ローソン発表資料より)
  • 200mmワイドナビゲーション取り付けイメージ(画像:株式会社カナック企画発表資料より)
  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース