ガラス繊維の市場規模、2025年には143億米ドルに到達予測 自動車業界ではアルミやスチールの代用品として、軽量化された自動車の製造に広く使用

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション
ガラス繊維の市場規模、2025年には143億米ドルに到達予測 自動車業界ではアルミやスチールの代用品として、軽量化された自動車の製造に広く使用


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ガラス繊維の世界市場 (~2025年):ガラスタイプ (E-ガラス・ECR-ガラス・H-ガラス・S-ガラス・AR-ガラス)・樹脂タイプ・製品タイプ (グラスウール・ダイレクト&アセンブルドロービング・ヤーン・チョップドストランド)・用途 (複合材料・断熱材)・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を11月24日より開始いたしました。

ガラス繊維の市場規模は、2020年の115億米ドルから2025年には143億米ドルに達し、CAGR4.5%で成長すると予測されています。市場の成長の主な理由は、建設・インフラ産業でのガラス繊維の広範な使用、自動車産業でのガラス繊維複合材の使用の増加などが挙げられます。

COVID-19のガラス繊維市場への影響

パンデミックは、特に2020年から2021年の最終用途産業に大きな影響を与えると推定されます。

自動車産業への影響:自動車および商用車の需要は、2020年から2021年を通じて減少すると予想されます。北米ではCOVID-19パンデミックの影響で自動車生産の80%以上が停止しています。欧州とアジア太平洋地域も同様の状況と考えられます。Ford、General Motors、Fiat Chrysler Automobiles、ホンダ、 Tesla、などの企業が一時的に生産を停止しています。パンデミックが治まった後に生産を再開したとしても、経済の不安定さと消費者の購買力の低下は自動車産業に悪影響を及ぼすことが予測されます。

航空宇宙産業への影響:航空宇宙産業は、COVID-19直接の影響を目の当たりにしています。航空業界は、世界および国内ともにロックダウンにより最悪の状況に直面しています。旅客数の減少から、新しい航空機の導入を大幅に減らす結果となりました。このことで、ガラス繊維の需要に一時的に影響を与えると予想されます。

建設・インフラ産業への影響: COVID-19 が建設産業に与える影響は、世界各地で異なると予測されています。IMFは、米国では建設部門やその他の産業で大規模な一時解雇が発生すると予測しています。欧州では、2020年に建築・建設業界が60%から70%縮小することが予測されます。

推進要因:自動車産業におけるガラス繊維複合材料の使用の増加

ガラス繊維は、自動車製造において重要な要素である高い強度対重量比を持っています。軽量で強度の高い素材を使用した自動車は燃費が良くなります。自動車業界では、二酸化炭素の排出量を削減するために厳しい規制が課せられており、業界では、燃料効率の高い軽量車を導入することを奨励しています。ガラス繊維複合材は、自動車業界ではアルミやスチールの代用品として、自動車の軽量化のため製造現場で広く使用されています。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama962420-fiberglass-market-by-glass-type-e-glass-ecr-glass.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
  • 新しくなったアウディ・A5/S5シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース