防空システム市場、2020年から2025年にCAGR 3.25%で成長予測 指向性エネルギー兵器、極超音速兵器、電磁レールガンなどの開発により市場は拡大

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション
防空システム市場、2020年から2025年にCAGR 3.25%で成長予測 指向性エネルギー兵器、極超音速兵器、電磁レールガンなどの開発により市場は拡大


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「防空システムの世界市場 (2020-2025年):ミサイル防衛システム・対空システム・C-RAM・指向性エネルギー兵器システム」 (BIS Research Inc. ) の販売を10月29日より開始いたしました。

市場の概要

防空システム市場は、2020年から2025年にかけてCAGR 3.25%で成長すると予測されています。

さらに、ミサイル防衛システムの近代化、監視レーダーの適用範囲の拡大、指向性エネルギー兵器、極超音速兵器、電磁レールガンなどを含む近代的な防空システムの開発などの需要により、市場は拡大すると予想されています。また、防空システムの高度化やプログラムの開発は、同システムの需要とそれに伴う投資により牽引されています。

防空システム市場の範囲

防空システム市場は、タイプ、コンポーネント、レンジプラットフォーム、展開モード、地域などに分類されます。

地域別では、北米、アジア太平洋、欧州、中東の4つの地域に分類されています

市場の主要企業

市場の主要プレーヤーには、Almaz Antey、Aselsan A.S.、BAE Systems、Boeing、Elbit Systems Ltd.、General Atomics、Hanwha Defense、Israel Aerospace Industries Ltd、KONGSBERG、Lockheed Martin Corporation、Leonardo S.p.A、MBDA、Raytheon Technologies Corporation、Rafael Advanced Defense Systems Ltd.、Rheinmetall AG、Saab AB、Thales Groupなどがあります。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/bis959509-global-air-defense-systems-market-focus-on-type.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「ランキング通知」の画面イメージ。(画像: LINE証券株の発表資料より)
  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
 

広告

ピックアップ 注目ニュース