自動車MLCC市場、新エネルギー車とADASの開発により、新たなステージへ

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション
自動車MLCC市場、新エネルギー車とADASの開発により、新たなステージへ


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「世界と中国の自動車MLCC業界:2020年-2026年」 (ResearchInChina)の販売を10月29日より開始いたしました。

MLCC(積層セラミックコンデンサー ) は最も広く使用されている受動部品の一つであり、コンデンサ市場の約 40%を占めています。MLCCは、通信、家電、自動車、軍事などの分野で幅広く使用されており、堅調な需要がMLCC市場の拡大につながっています。

MLCCの消費量の約64%が家庭用電気製品、特にスマートフォンで消費されており、消費量全体の39%を占めています。例えば、iPhone 5SがMLCC を400個使用しているのに対し、iPhone Xは1100個を必要としています。また、近年はTWS(完全ワイヤレスステレオ)ヘッドフォンやスマートウォッチなど、ポータブルで高機能なウェアラブルが注目されており、MLCCの大きな需要を生み出しています。

5Gの商用利用が急増しているため、5G対応スマートフォンは、4G対応スマートフォンよりも多くのMLCCを搭載することになります。例としては、4G よりも10%から15%多いMLCCを使用するSub-6Ghzの5Gスマートフォンや、20%から30%多く使用するmmWaveの5Gスマートフォンなどがあります。一方、5Gスマートフォンの消費電力が高いため、大容量で低消費電力のハイエンドのマイクロ・ウルトラマイクロ(0201、01005など)MLCCの需要がさらに高まっています。

2020 年の 5G の設備投資が加速する中で、5G 基地局の建設数が 4G 基地局を上回ることや、1 局あたりの MLCC の数が 4G 基地局よりも多いことが、MLCC の需要増加の要因となっています。2023年の通信基地局のMLCC需要は、2019年の2.1倍になると推測されています。また、はるかに安定した接続性を必要とするIoT(Internet of Things)は、低遅延の5Gネットワークの恩恵を受けると考えられます。端末には平均75を超えるMLCCが必要であり、IoTデバイスがより多く接続されることで、MLCC市場の成長に拍車がかかることは間違いありません。

新エネルギー車とADASの開発により、MLCCは新たなステージに進むと考えられています。一般的な自動車が約3000個から4000個のMLCCを必要とするのに対し、ハイブリッドおよびプラグインハイブリッド車は約1万2000個、バッテリー式電気自動車は約1万8000個のMLCCを必要とします。

車載電子システムのうち、より多くのMLCCを適用したADASは、車両に搭載されたセンサーを介して、車両内外の変化したデータを最短時間で収集・検出・認識・追跡し、ナビゲーションマップデータを組み合わせて計算および解析することで、ドライバーが潜在的な危険に注意して安全に運転できるようにします。5Gネットワークの広域化は、遅延の問題に対するもう一つの解決策となります。より高機能なADASを搭載した車両が増えれば、MLCCの需要はますます高まります。

MLCC市場では、村田製作所、Samsung Electro-Mechanics、Yageo、Walsin Technology、太陽誘電、TDK、京セラ、および中国本土の企業であるFenghua AdvancedTechnologyやChaozhouThree-circleなどが主要なプレーヤーです。2016年以降、村田製作所やTDKのようなMLCCベンダーは、有望で収益性の高いハイテク市場である自動車用MLCCに焦点を当てるようになりました。この動きは世界の受動部品サプライチェーンを混乱させ、中低価格帯顧客がYageo、Fenghua Advanced Technology、ChaozhouThree-circleなどの企業に目を向けるようになりました。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/rinc961158-global-china-automotive-mlcc-industry-report.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告