アダリムマブ市場 TNFブロッカーの一種として、関節リウマチ、乾癬性関節炎、クローン病、などの治療に効果

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「アダリムマブ:バイオシミラーの洞察(2020年)」 (DelveInsight Business Research LLP ) の販売を9月30日より開始いたしました。

アダリムマブ:概要

アダリムマブは、関節リウマチ、乾癬性関節炎、強直性脊椎炎、クローン病、潰瘍性大腸炎、乾癬、化膿性汗腺炎、ぶどう膜炎、若年性特発性関節炎などの治療に使用されています。本剤は、関節炎では関節の腫れや損傷、乾癬では赤い鱗屑状の斑点を引き起こす体内の免疫系に存在するタンパク質(腫瘍壊死因子(TNF))を阻害することで、関節の腫れや損傷を改善します。

アダリムマブは、TNFブロッカーと呼ばれる薬剤の一種です。関節の腫れを抑えることで、関節へのダメージを軽減し、関節機能を維持することができます。関節リウマチと診断された患者を対象に、アダリムマブ投与後、炎症の急性期反応性蛋白質(C反応性蛋白質(CRP)、赤血球沈降速度(ESR))および血清サイトカイン(IL-6)のレベルがベースラインと比較して低下したことを測定しました。

アダリムマブのバイオシミラー:市販薬

Abrilada: Pfizer

Abriladaは、アダリムマブのバイオシミラー版としてFDAに承認されています。Abrilada(adalimumab-afzb)注射剤は、皮下投与用の無菌の防腐剤を含まない溶液として提供されます。本剤は、1回投与用のプレフィルドペン(アブリラーダペン)、1回投与用の1mLプレフィルドガラスシリンジ、または1回投与用の業務用バイアルのいずれかの形態で提供されます。ペンには、単回投与用 1 mL プレフィルドガラスシリンジが同封されています。本剤は、米国では承認はされていますが、まだ販売されていません。

Halimatoz: Sandoz

Halimatozは、主に成人の患者で、症状が重度、中等度、または悪化している場合や、他の治療法が使えない場合に使用されます。

Halimatozは活性物質であるアダリムマブを含有するバイオシミラー医薬品です。Halimatozの活性物質であるアダリムマブは、モノクローナル抗体(タンパク質の一種)で、TNF(腫瘍壊死因子)と呼ばれる体内の物質を認識し、それに結合するように設計されています。TNFは炎症の原因に関与しており、ハリマトズが治療に使用される疾患の患者からは高レベルで検出されます。本剤は、TNFに結合することでTNFの活動を阻害し、炎症などの症状を軽減します。

アダリムマブのバイオシミラー:新興医薬品

IBI303:Innovent Biologics

IBI303は、ブランド品であるアダリムマブ(Humira)と同じアミノ酸配列を有するTNF-αの組換えヒトモノクローナル抗体であり、化学的性質、in vitro生物学的活性(TNF-αに対する結合親和性および中和活性)、効力、PK・PDの点で高い類似性を示しています。また、薬理学的及び毒性試験においても、IBI303はHumiraと高い類似性を示しました。臨床試験の結果、IBI303はAS(強直性脊椎炎)患者の体性運動能力と脊椎の可動性を改善しながら、ASの症状や身体的徴候を大幅に緩和させ、疾患活動性や関節炎を減少させることが明らかになりました。また、AS患者の生活の質を改善し、日常生活活動への疾患の影響を軽減することができました。IBI303は安全性プロファイルも良好で、有害事象のほとんどが軽度または中等度に分類されました。IBI303は、世界的な品質基準のもと、手頃な価格で提供される可能性があります

CT-P17: Celltrion

CT-P17は、アダリムマブを原料としたバイオシミラー剤としては初の高濃度タイプの薬剤です。同社は、CT-P17を既存のHumira社製バイオシミラーとの差別化を図り、投与量を半減させました。また、Celltrionは最新のトレンドを考慮し、自己注射時に痛みを引き起こす可能性のあるクエン酸塩を最新製品から削除しています。CelltrionがCT-P17を発売すれば、世界の自己免疫疾患治療市場において、CT-P17の強固なポートフォリオを完成させることができます。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/del955873-adalimumab-biosimilars-insight.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク