MaaSの市場規模、2020年の47億米ドルから2030年には704億米ドルに到達予測 都市化とスマートシティへの取り組みが市場を牽引

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション
MaaSの市場規模、2020年の47億米ドルから2030年には704億米ドルに到達予測 都市化とスマートシティへの取り組みが市場を牽引


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「MaaS (Mobility as a Service) の世界市場 (~2030年):ライドヘイリング・カーシェアリング・マイクロモビリティ・バスシェアリング・鉄道サービス」 (MarketsandMarkets) の販売を9月29日より開始いたしました。

MaaS(サービスとしてのモビリティ市場)の市場規模は、2020年の推定47億米ドルから2030年までに704億米ドルに達し、CAGR31.1%で成長すると予想されています。市場は将来的に大きな成長を遂げると期待されています。

COVID-19 の MaaS市場への影響

パンデミックが世界レベルで急速に広がり続ける中、各国はソーシャルディスタンス、接触の追跡、自己検疫、監視、通信、検査などの対策を講じることで、さらなる伝染を防ごうとしています。これまでのところ、中国、日本、シンガポールは、感染を極端に拡大させないことに一定の効果をあげていますが、米国、ブラジル、インド、スペイン、ロシア、イタリアは、少しでも感染の拡大を遅らせ、死亡者数を抑制するために抜本的な対策を講じています。UberやLyftのような企業は、COVID-19危機のため大幅に乗車数が減少しました。人々は、ウイルスの拡散に対する懸念から、これらのサービスを避けるようになっています。さらに、多くの人が自宅で仕事をしているため、公共交通機関の利用が全世界で70%から80%近くにまで減少しています。このことがMaaS市場にマイナスの影響を与え、すべての地域の公共交通機関で減収を引き起こしています。

牽引要因:都市化とスマートシティへの取り組みを強化

MaaSの発展を支える最も重要な要因の1つが、世界の急速な都市化です。世界保健機関(WHO)によると、世界人口の約50%が都市部に居住しており、2025年にはその割合が約60%にまで増加すると予測されています。都市部の大多数が利用する自動車の増加は、道路交通渋滞や駐車場不足の問題に拍車をかけています。このため、規則化された公共交通システムが急速に発展しています。各国は現在、都市内バス、メトロ、ライトレール、高速鉄道など、都市間公共交通システムを中心に様々なプロジェクトを展開しています。MaaSを必要とするスマートシティは、交通をより便利に、より速く、より安価に移動するための効率的なソリューションを提供し、これらの市場を牽引しています。

制約事項:COVID-19の影響で投資が遅れる可能性がある。

COVID-19パンデミックの影響を最も受けたのは、旅行、ホスピタリティ、ライドシェアリング、屋内エンターテインメントなどのセクターです。運転手不足、乗客の乗り物利用への消極的な態度、衛生管理手順書(SOP)のコストなどは、ライドシェアリングサービスプロバイダーが取り組まなければならない主要な課題の一つです。現在のシナリオから考えると、モビリティのエコシステムの利害関係者すべてが影響を受ける可能性が高いと考えられます。大手企業は手元資金でやりくりできても、資金調達の取引の実現に時間がかかるスタートアップ企業が脆弱になる事が予測されます。また、意思決定者は投資を行う前にCOVID-19パンデミックの経済的影響を再評価し、MaaSへの投資に懐疑的になる可能性があります。

市場機会:自律走行車や電気自動車の利用拡大

自動運転車は、テスラを筆頭に急速に進化している技術です。自動運転車はライドシェアへの活用が期待されており、MaaSにとっては計り知れない機会を生み出す可能性があります。自動運転車を備えたMaaSは、すべてのサービスにアクセスするには強力なIoTバックアップが必要になります。Wi-Fi、4G、GPS、Bluetooth、5G(今後登場予定)はMaaSにおいて重要な役割を果たすことが考えられ、接続されたデバイスの数が増えることで、将来的には現在よりも多くのユーザーがライドシェアリングにアクセスできるようになります。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama954207-mobility-service-market-by-service-ride-hailing.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク