【姉妹都市写真展】コロナで交流できないニュージーランドと日本を写真で繋ぎたい

プレスリリース発表元企業:Shu's photography
【姉妹都市写真展】コロナで交流できないニュージーランドと日本を写真で繋ぎたい


10月8日〜13日の6日間、三島市のVia701ギャラリーにて、三島とその姉妹都市であるニュージーランドを繋ぐ写真展を開催いたします。個展開催のための費用を補填するため、7月13日にクラウドファンディングのプロジェクトを立ち上げました。当初の目標金額であった30万円は10日で到達し、現在はストレッチゴールの70万円を目標としています。

クラウドファンディング概要

https://camp-fire.jp/projects/view/303293

本プロジェクトは日本とニュージーランドの姉妹都市である三島市と、ニュープリマス市の姉妹都市30周年に向けて行う写真展開催のために立ち上げました。会場では、静岡で撮影した写真とニュープリマスで撮影した写真を客観的に見比べることで、二つの都市の似通った部分や違いを発見出来る表現方法をとります。姉妹都市に対しての関係を深めることで、双方の街に住む人々の暮らしがより豊かになり、今後の国際的発展に繋がることを目的としています。

どんな写真展?
今回発表する作品は、ニュージーランドのニュープリマスを中心としたタラナキ地方と、三島市を中心とした静岡東部地方の比較をテーマにしました。個展会場をグルリと一周ご覧いただくことで、日本もニュージーランドも根本的には一緒で、姉妹というだけあり、似通った点が沢山あることを表現しています。
富士山とタラナキ山や、静岡の日本茶を入れるお母さんと、ニュー ジーランドのコーヒーを淹れるバリスタの比較など、両方の都市に何度も訪れているからこそ撮影出来た写真が会場を埋め尽くします。
その中でそれぞれの土地にはそれぞれの魅力や特色、歴史があり、それらを写真でご覧頂くことで、新たな発見と感動をご堪能いただけます。

プロジェクトをやろうと思った理由

私は2011年に初めてニュージーランドを訪れて、そこにある大自然と優しくリラックスしたニュージーランド人の生活に惚れ込んで、約5年在住しました。
その時多くの時間を過ごしたのが『ニュープリマス』でした。田舎にあるこじんまりとしたこの街の事は、住めば住むほどに好きになりました。
三島市とニュージーランドにあるニュープリマス市の姉妹都市関係は、来年2021に30周年を迎えようとしています。2018年に初めて三島市にてニュージーランドの写真展を開催してからは、毎年継続してイベントを行っていくと決めました。 元々は個人のプロジェクトとしてスタートしたもので、写真展開催に踏み出すまでのハードルが非常に高い中、 多くの方に支えられてここまで来ました。
毎年、更に良いものを皆さんに届けたいという想いで、今回の展示では表現方法を一新し、これまでで最大の展示数となる予定です。

資金の使い道

① 会場費 110,000円
② 作品制作費(紙、印刷、パネル製作費等) 180,000円
③ 広告費 20,000円
④ リターン費・手数料
⑤ 写真集製作費 400,000円

上記記載の通り、目標金額30万円はこの写真展を開催するための最低限必要な費用となります。
ストレッチリターンに設定している40万円は、展示の写真と同じテーマの写真集を制作する費用として使用させていただきます。限定写真集となりますので、遠方にお住まいの方も是非この機会にご検討ください!
交通費や作品の輸送費など、その他諸々の経費を加えると、70万円集まったとしても赤字となってしまいますが、大変お世話になったニュープリマスと三島の多くの方々への恩返しの気持ちでこの写真展を主催しております。

最後に

初めて写真でそれぞれの都市の比較を思い付いた時、いくつか写真を選別し、日本とニュージーランドを隣り合わせにして見てみました。
そこには一枚の写真の時には感じなかった感動があったのです。それから撮影を重ね、今回のプロジェクトを立ち上げるに至りました。
この時の感動は、子供の姉妹が写った写真を見ているのと似た感覚でした。
それぞれに良さがあって、それぞれが可愛くて、似てるところも真逆なところもあって、それで姉妹。
このメッセージのさらに更に奥には、人間は根本的に皆一緒であるという私の考えがあります。
肌の色や言葉が違ったとしても、感動したり笑ったり、怒ったり泣いたりするのは皆一緒。
新型コロナウィルスは突然やってきて、この世界は誰も想像していなかった状態へと一瞬にして変化しました。多くの国が国境を閉じ、旅行の自由が奪われてしまいました。
この写真展では、コロナで交流することが出来ない2つの都市を繋ぐ事が出来ます。
三島市民の方、ニュージーランド好きな方、ニュージーランドに行ってみたい方、世界から差別を無くしたい方、是非このプロジェクトの応援をお願い致します!!
期間中、インスタグラムやYouTubeにて進捗状況などライブ発信したいと考えています。
もしアカウントをお持ちの方は是非フォローして頂けたら幸いです。

クラウドファンディング URL: https://camp-fire.jp/projects/view/303293
 


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース