1,500㎡の畑で約14,0000本のコスモスを!ぎふ清流里山公園で黄花コスモスが見頃

プレスリリース発表元企業:シダックス株式会社
ぎふ清流里山公園内の畑に咲く黄花コスモス






総合サービス企業 シダックスグループの事業子会社で、公共施設の運営や学校給食、自治体業務などを行う、シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社(東京都渋谷区:代表取締役社長 関口 昌太朗)が指定管理者として受託運営する「ぎふ清流里山公園」(岐阜県美濃加茂市)の園内中央の畑で、今年初めて植えた約14,0000本の黄花(キバナ)コスモスが見頃を迎えています。


画像 : https://newscast.jp/attachments/FrJPsqqq5b87kS7YblG3.jpg
ぎふ清流里山公園内の畑に咲く黄花コスモス


画像 : https://newscast.jp/attachments/fbFtTG3unvNOW6riH5AD.jpg


四季折々の自然を楽しめるぎふ清流里山公園の、園内中央の約1,500㎡の畑に6月下旬に種を播き、7月中旬より開花しています。黄花コスモスはキク科コスモス属で、夏場の暑さにも強く、花期は6月~11月と比較的長いことが特徴です。例年秋には園内にコスモスが咲いていましたが、今年は今まで植えたことのなく、遠目に見ても色が映える黄花コスモスにチャレンジしました。
現在畑一面が黄色やオレンジに染まっており、撮影スポットとしてもおすすめです。黄花コスモスは9月上旬まで見頃の予定ですので、ぜひこの機会にコロナ疲れを癒しに、ぎふ清流里山公園にお越しください!


「ぎふ清流里山公園」 概要



“人と自然が共生する里山の暮らしと文化に親しむ”をコンセプトに、2018年4月8日(日)にオープン(※旧:平成記念公園「日本昭和村」)。入園は無料で、地元の特産品を集めた道の駅や温浴施設、県内のグルメが楽しめる飲食店舗、20種類もの体験が可能な施設を持つ、名古屋ドームおよそ10個分、約107haに広がる県営公園です。 
※現在は新型コロナの影響により、一部体験や施設利用を制限しております



<住所> 岐阜県美濃加茂市山之上町2292番地1
<TEL> 0574-23-0066
<URL> https://satoyama-park.gifu.jp
<定休日> 無休(3月~11月)/水曜(12月~2月)
<営業時間> 9:00~17:00(3月~11月)/10:00~17:00(12月~2月)
<アクセス> ◇お車⇒東海環状自動車道/美濃加茂IC 降りてすぐ
◇交通機関⇒JR高山本線 美濃太田駅より バスまたはタクシーで約10分


画像 : https://newscast.jp/attachments/M05v4c1RTXMEBbOOlSL6.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/IcaShEvps0SkKzm2IYvx.png


画像 : https://newscast.jp/attachments/a7j0fIkUOCT2bYlIjkoN.png




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース