大阪府高槻市に“AIが物件説明する『完全無人モデルハウス』” 2020年7月オープン!コロナ禍でも安心して見学できると人気

プレスリリース発表元企業:株式会社SAKURA
完全無人モデルハウスのAI説明の読み取り1

完全無人モデルハウス見学中

完全無人モデルハウスの外観の玄関(解錠)

株式会社SAKURA(大阪府高槻市南松原町15-10、代表取締役:本田 卓也)は、新型コロナウイルス感染症対策を意識した「完全無人モデルハウス」を大阪府高槻市にオープンしました。同ハウスは当スタッフが遠隔操作で開閉を行うものです。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/221236/LL_img_221236_1.jpeg
完全無人モデルハウスのAI説明の読み取り1

■「完全無人モデルハウス」で究極のソーシャルディスタンス
未曾有の新型コロナウイルス蔓延により、対面での接客により一層の注意が必要となりました。そこで当社では、究極のソーシャルディスタンスとして遠隔操作による開閉システムを導入し、モデルハウスの無人化に成功しました。これにより「見ず知らずのスタッフとの対峙」「無理な営業提案」への不安を解消。さらに自由にお客様のペースで見学が可能となるため、「ストレスフリーの環境」を実現しました。ゆっくりと当社の『100年安心して暮らせる家』を内覧することができます。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/221236/LL_img_221236_2.jpeg
完全無人モデルハウス見学中

■ハウス内の説明は、QRコードを読み取るだけ。AIがしっかり説明いたします
完全無人モデルハウス内に設置しているQRコードを読み取るとAIがお客様に役立つ情報を説明してくれます。例えば、当社コンセプトである+mamについては「家事や育児、仕事に忙しいママさん達を応援する住まいです」と話したり、会社説明では「SAKURAは100年安心住宅サービスを営む会社です」と応えます。そのほかでは、「弊社で土地探しが可能です」、「ご希望の間取りや、より快適な暮らしを実現するための、お手伝いをさせて頂きます」など、土地探し、家づくり、こだわり、資金計画といったテーマで、理想のマイフォームを手に入れるためのノウハウを解説します。


■「完全無人モデルハウス」の開錠、施錠方法は、とても簡単
【1】入り口でLINEの友達登録
操作はとても簡単で、モデルハウス入口に設置されている看板に記載したQRコードを読み取り、LINEの友達登録を行います。

【2】開錠専用エントリーフォームの入力
モデルハウス入口に記載されているキーワードをLINEのトークに送ると、開錠専用エントリーフォーム( https://sakura-sumai.jp/entry/ )へ誘導されます。名前、住所、電話番号、メールアドレスを入力後、当スタッフが遠隔操作で玄関を開錠します。

【3】施錠も楽々。ひと言コメントを入力するだけ
一通り見学が終わった後は、LINEのトークに「帰ります」と一ひと言入力すると、当スタッフが施錠します。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/221236/LL_img_221236_3.jpeg
完全無人モデルハウスの外観の玄関(解錠)

■モデルハウス情報
場所 :〒569-1147 大阪府高槻市土室町16-2
「土室・街かどモデル」
営業時間:10時~17時
定休日 :お盆期間及び年末年始のみ休み
見学料金:無料

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/221236/LL_img_221236_4.jpeg
完全無人モデルハウスの外観

■会社概要
株式会社SAKURA
所在地 : 〒569-0085 大阪府高槻市南松原町15-10
代表者 : 代表取締役 本田 卓也
電話番号: 072-668-1154
FAX : 072-668-1164
URL : https://sakura-sumai.jp/


■当社は新型コロナウイルス対策を徹底しています
当社では、新型コロナウイルス感染を防止するため、『新型コロナウイルス感染症対策本部』を設置しております。社内の感染予防対策、スタッフの健康管理、お客様宅・工事現場での予防対策、協力会社様との連携、リフォーム工事も対面せずに打ち合わせを行っております。また、新型コロナウイルス対策になるリフォームとして、医療現場などの水回りへの提案、感染予防になる玄関、在宅ワークやオンライン授業の環境構築、店舗・企業への感染防止などをご提案しています。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース