30型WFHD HDR対応ウルトラワイド曲面ゲーミングモニター 200Hz MPRT1ms VAパネル「JN-VCG30200WFHDR」を発表

プレスリリース発表元企業:株式会社JAPANNEXT
30型WFHD HDR対応ウルトラワイド曲面ゲーミングモニター  200Hz MPRT1ms VAパネル「JN-VCG30200WFHDR」を発表


株式会社JAPANNEXT(東京都千代田区)はWFHD(2560x1080) 200Hz対応 MPRT1ms VAパネル 30型HDR対応ウルトラワイド曲面ゲーミングモニター「JN-VCG30200WFHDR」を発表し、2020年8月4日(火)より発売を開始します。尚、2020年8月4日~8月18日は発売記念特価販売セールを実施します(29,970円 税込)。

本製品はリフレッシュレート最高200Hz(1秒間に200回の画面更新)に加え応答速度MPRT1msを実現した、WFHD(2560x1080)解像度対応ウルトラワイド曲面ゲーミングモニターとなります。曲面パネルでしか味わえない没入感、HDR機能を使用することでよりリアルに迫った色鮮やかで見やすさを向上させる21:9の曲面スクリーンによる、新しい体験を味わうことができます。WFHDとは、フルHD(1920×1080)の約1.3倍の作業領域を実現する2560×1080ドットの解像度となり、広い視野で臨場感のある映像と快適な作業領域を実現できます。200Hzのフレッシュレートで、動きの速い描写の映像をなめらかに表現することが可能です。FreeSync対応で3つのゲームモード搭載でストレスのないゲーム体験を実現。コントラスト3000:1と非常に高いVAパネルを搭載し、広視野角上下左右178°を実現します。PIP/PBPに対応し、画面を分割して最大2つの入力ソースを表示できます。背景には光るRGBライト搭載、ゲームに没頭できる雰囲気を演出します。フリッカーフリー設計、ブルーライト軽減モードを搭載し目への負担を軽減します。インターフェースはHDMI2.0x1、HDMI1.4x1、DPx1の3ポート搭載していますスタンドは金属製、筐体はブラックの1色となります。


JN-VCG30200WFHDRの主な特徴

リアルに迫った色鮮やかな映像体験を

HDR(ハイダイナミックレンジ)対応モニターは従来のSDR規格(スタンダードダイナミックレンジ)と比べ、明るい部分も暗い部分もくっきり表現しリアルに迫った深みのある映像を演出します。HDR対応のブルーレイディスクやビデオ・オン・デマンド、ゲームなどの表示が可能。現実に近い究極の映像をお楽しみください。


ゲームに最適200Hzの高速リフレッシュレート

リフレッシュレートは1秒間に画面を書き換える回数を表します。一般的なテレビ番組は1秒間に30回(30Hz)、映画は1秒間に24回(24Hz)が一般的と言われています。本製品は、それらを遥かに凌ぐ1秒間に200回(200Hz)書き換えを行う高性能液晶モニターです。ゲームなどの素早い動きを滑らか表示で楽しむことができます。


MPRTを搭載

応答速度時間(MPRT)はバックライトをオフにするか、フレーム間に黒の
ブランク画像を挿入(ブリンキング)することで効果が現れます。
こうすることで、液晶が上下する際にフレーム上で屈折しないため、高速で動く
画像に生じる、目に見えるブレを低減できるのです。


FreeSync対応

AMD FreeSyncテクノロジーは安定しないゲームプレイやフレームの低下を解消し、どんなフレームレートでも、なめらかでアーチファクトフリーの性能を実現します。FreeSyncからG-Syncへの互換性があります(一部の機種を除きます)。


3つのゲームモード搭載

どんなに技術のあるゲーマーであっても、視認性の悪さは、ゲームの勝敗に影響があります。暗いまたは明るい場所に隠れた敵を見分けやすくし、ゲームを有利に展開することができます。


高性能で定評のVAパネル採用

VAパネルはTNパネルと比べると、画像を鮮やかな色彩でくっきりとより鮮やかに美しく忠実な色再現できます。コントラストは3000:1と非常に高く、メリハリのある画像をきれいに表現。広視野角上下左右178°を実現します。


フリッカーフリー設計、ブルーライト低減機能搭載

目の疲れの原因とされるブルーライト(青色光)をブルーライト低減機能で抑えています。
また、フリッカー(ちらつき)はモニター画面の点滅のことで、目の負担となって疲れの原因のひとつとされています。これに対しフリッカーフリーは、画面のちらつきを抑え目の負担を軽減します。


マルチウィンドウ機能

複数の機器から入力信号を同時に表示する「MULTI WINDOW」に対応。画面内に子画面を表示する「Picture in Picture」と画面を分割して最大2つの入力ソースを表示する「Picture by Picture」を利用することができる。


充実のインターフェース

多数の入力端子を搭載し、パソコンのみならず、ブルーレイディスクプレイヤー、家庭用ゲーム機、デジタルビデオカメラなどを1本のケーブルで接続できます。
HDMI 1.4x1
HDMI 2.0x1
DPx1
オーディオ出力x1


■30型曲面ゲーミングディスプレイ
「JN-VCG30200WFHDR」発売記念特価セール概要

参考販売価格: 39,970円(税込)
発売開始時期: 2020年8月4日
(発売記念モニター特価販売開始 2020年8月4日~8月18日 29,970円 税込み )

▼ 「JN-VCG30200WFHDR」商品紹介ページ:
http://japannext.net/?page_id=9737

▼ 「JN-VCG30200WFHDR」JAPANNEXT直販ページ:
http://japan-next.jp/shopdetail/000000001131

▼ 「JN-VCG30200WFHDR」商品販売ページ(ウェブサイト「Amazon.co.jp」):
https://www.amazon.co.jp/dp/B08D8Z1DHB


【株式会社JAPANNEXT(ジャパンネクスト)について】
本社:〒101-0032 東京都千代田区外神田1-9-9
設立:2006年03月
URL: http://www.japannext.net/
事業内容:モニター(ディスプレイ)製品の開発・製造・販売と関連事業ほか


【一般の方向けのお問い合わせ先】
企業名:株式会社JAPANNEXT
Email: support@japannext.net


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース