記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

錦織圭、グランドスラム約1年ぶり勝利 全仏オープンテニス

2020-09-28 07:45:24

 27日、フランス・パリでテニスの全仏オープン男子シングルス1回戦が行われ、錦織圭がダニエル・エバンズ(イギリス)に勝利した。世界ランク35位の錦織は、同34位で第32シードのエバンズと対戦。1-6、6-1、7-6(7-3)、1-6、6-4で破る逆転勝利だった。錦織は昨年の全米オープン以来のグランドスラム復帰戦を3時間49分のタフマッチの末、飾った。

 第1セット第1ゲームから錦織は、ネットにかけるミスショットが続いてラブゲームでブレークされる。第5ゲームは、エバンズがロングラリーとなったポイントを奪うなどして再びブレーク。第7ゲームでもエバンズがブレークし、錦織は1-6で第1セットを落とす。

 第2セットは、第3ゲームで錦織がトリプルのブレークチャンスを迎えると、エバンズのダブルフォルトによりラブゲームでブレークする。第5ゲームは錦織がネットプレーなどにより再びブレーク。第7ゲームもエバンズのダブルフォルトから錦織がブレークし、6-1で第2セットを奪い返す。

 第3セットは第2ゲームで錦織が先にブレークし、5-2と優勢に進めるも第9ゲームでエバンズにブレークされる。第11ゲームも連続でエバンズにブレークされるも、錦織は第12ゲームをブレークバックしタイブレークに突入する。タイブレークは錦織が0-2から6連続ポイントで流れを引き寄せ、7-6(7-3)で制する。

 第4セットはエバンズが終始優勢の展開となり、錦織は2度のブレークを許し1-6で落とす。第5セットは第3ゲームで錦織がブレークし3-0とリードするも、第5ゲームをブレークされる。最後は第10ゲームを錦織がブレークし、6-4で接戦を制し、セットカウント3-2で錦織が勝利した。

© Copyright Zaikei Shimubun 2020 All rights reserved.