記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

アリスアウアア、2020年秋冬コレクション発表 記憶の手触り、波打つ時間の襞

2020-08-13 07:17:19

 アリスアウアア(alice auaa)の2020年秋冬コレクションが発表された。

■記憶の肌理を手探りする──
 自らの記憶を思い返すとき、それは飴のようにまっすぐ延びたものだろうか。空を行く鳥が地上を見渡すときのように、明晰に全体像が与えられるだろうか。たぶん違うだろう。ある部分がとりわけ濃密に思い出されたり、逆に忘却に蝕まれたり。あるいは、さながら夢の中のように、異なる時間が短絡的に結びついてしまうこともあるだろう。

 そのように、記憶の中で時間は波打っては幾重にも襞(ひだ)を織りなし、迷宮のように見通しがつかない。「記憶の回想」──今季のアリスアウアアのテーマである──、それはすぐれて、記憶の肌理を手探りする身振りなのだ。

■重層的なドレープ
 記憶の襞を思わせるドレープが印象的だ。たっぷりとしたボリュームで仕立てられたコートは、ヘムなど随所をベルトにより持ち上げ、重層的に布の折れ重なる複雑な襞を織りなしている。また、アシンメトリックなスカートや裾にかけてエレガントに広がるコートには柔らかな布地をふんだんに使用し、深いドレープを生みだした。

■退廃を匂わせるミリタリー
 深くドレープを描く裾に見るように、エレガントなウールギャバが多く用いられる一方で、ハードな印象のナイロン素材も見受けられる。ハイネックのブルゾンやトップスのアイレットには、垂れ下がるタッセルをあしらい、ミリタリーベースながらも退廃的な雰囲気を漂わせた。

■視覚と触覚の交わり
 スキニーパンツの艶かしい人工素材や、袖先にたっぷりとボリュームを持たせたブラウスの肌を透けて見せるシースルー地、なめらかに光沢を放つニット地。時として布地がもつれるようにレイヤードされるコーディネートの中には、おのおの異なる手触りと見た目を有する素材が、まるで触覚と視覚がせめぎ合うかのように交わっている。

■溶け去る色彩
 記憶を手探りする身振りのなかで、色彩は溶け去る。カラーパレットはそれゆえにブラックとホワイトが主体であり、時折挟まれるそれらのチェックやストライプがドレープに合わせて波打っては、縺れにもつれた記憶を露わにしてみせているようだ。

ファッションプレス
※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2020 All rights reserved.