記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

自粛中にオトナの趣味を手に入れる「春風亭一之輔の落語生配信」

2020-05-22 19:14:40

これぞオトナの趣味、とそれぞれ思い描くものがあるんじゃないだろうか。写真:春風亭一之輔の公式サイトより

これぞオトナの趣味、とそれぞれ思い描くものがあるんじゃないだろうか。写真:春風亭一之輔の公式サイトより

 これぞオトナの趣味、とそれぞれ思い描くものがあるんじゃないだろうか。
たとえば美術鑑賞とか、ガーデニングとか、陶芸とか、そば打ちとか、コーヒーを豆から淹れるとか…例を挙げればキリがない。

 もうすぐ30代に突入する筆者。結婚もしていないし子どももいない。このまま独身ライフを謳歌するのであれば、一生続く趣味が欲しいと思い悩むところなのだが、すでにあるので老後まで心配がない。

 ・【鯉八の映画でもみるか。】こんなときは、沖縄音楽の爽やかな深みを感じられるこんな映画でもみるか

 落語である。この趣味を人に話すと「オトナ」とか「知的」とか「おしゃれ」とか勝手に思われるのでものすごくおすすめだ。他人に高評価されるのは置いておいても、とにかく楽しい。面白い。

 人々に落語のイメージを聞いてみると、「笑点の大喜利?」という人が多いのだが、あれはただ落語家が出ているだけの大喜利番組なので違います。簡単に言うと、江戸時代から続くすべらない話が古典落語。昔の面白い人が作ったすべらない話を代々引き継いで、上手にアレンジしているのが落語家だ、と私は思っている。

 また笑点の話に戻るのだが、笑点に出ている落語家がトップオブトップだと思っている人は多いはず。けれどそこも誤解で、独演会のチケットが取れない落語家は笑点メンバー以外にも大勢いるのだ。

 いろんな落語の雑誌や記事を見ていて、「好きな落語家は?」「天才だと思う落語家は?」というアンケートで必ず上位にランクインしているのが、春風亭一之輔。42歳で、だいたいそういったランキングの中では最年少である(40代で最年少って誤植かよと思った方は、笑点メンバーをご想像ください)。21人抜きで真打昇進しただけあって、落語協会折り紙つきの天才なのだ。

 そんな一之輔の落語が、無料でバンバン見られる機会ができた。YouTubeで行われた「春風亭一之輔の10日連続落語生配信」だ。4月21日から10日間、東京・上野の鈴本演芸場でトリを務める予定だった一之輔が、高座に上がる予定だった時間に合わせて配信をしてくれるという、なんともぜいたくな企画である。

 ただ10日分の動画を見るのは大変だと思うので、おすすめをご紹介したい。第5夜の「青菜」だ。高貴なお屋敷に仕事へ行った植木屋が、主人と奥方の洒落のきいたやり取りを見て、その風流なさまに感心し、家に帰って自分の女房と同じやり取りをしたい、と試みるが…というお噺。

 ここが面白い、と解説するのは野暮だと思うし、それぞれの主観による。面白いという以外にすすめる理由は二つあって、一つは「青菜」が夏の噺だから。とくに前半の、夏の夕暮れ時に打ち水がされた庭先での、植木屋と主人の暑い日ならではの会話や、冷えた柳影、氷に載せた鯉のあらい…日本の夏らしい、趣のある情景がありありと浮かぶではないか。自粛自粛の毎日で外なんかろくに出られないんだから、せめて落語で季節を感じるのもいいだろう。

 もう一つ、これが落語のすごいところだと思うのだが、植木屋がお屋敷から帰る際に「大仰なことを言う、金持ちは。無駄が多いんだよ無駄が」と発するのだ。たまにこういうちょっとした一言にハッとする。一之輔ならではの皮肉だ。金持ちは無駄が多い。というか金持ちだから無駄ができる余裕を持てる。なるほど、私に余裕がないのは…とか当たり前のことに気づいたりする。

 こんなふうに季節を感じたりハッとしたりして、聞いていると生活がちょっと潤うのが落語。その上に好きだと語れば勝手にオトナだと思われる。こんなにお得で一生続けられる趣味があっていいのだろうか。(文:川崎るぽ)

 ※「春風亭一之輔の10日連続落語生配信」は「春風亭一之輔チャンネル」にてチェック。また、浅草演芸ホールでトリを務めるはずだった「5月下席」(5月21日〜30日)にも同チャンネルで10日間連続生配信を行う予定。(春風亭一之輔チャンネルはこちら→ https://bit.ly/2WPG0F6 )

ムビコレ

© Copyright Zaikei Shimubun 2020 All rights reserved.