記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

世界の石炭火力発電所、今年はほぼ半数が赤字との推測

2020-04-14 20:02:25

 Anonymous Coward曰く、

 英環境関連シンクタンクのCarbon Trackerが世界中で稼働している6696の石炭火力発電所と、計画中の1046の石炭火力発電所について採算性を調査したところ、うち46%が今年は赤字となる見通しであることが分かったという(Carbon Trackerによる発表ReutersSlashdot)。

 卸電力取引市場などでの収入や、運営コスト、炭素価格などから推測したもの。また、2019年に赤字と推測される石炭火力発電所は41%で、2030年までに赤字となる石炭火力発電所は52%に上昇するとの見通しも示した。再生可能エネルギーや安価なガスによる発電が影響しているという。

スラド
※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2020 All rights reserved.