記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

スウェーデンの大学教授、ISISに怒り傭兵を派遣 学生を救出

2018-12-20 09:39:15

 2014年、スウェーデン・ルンド大学で学んでいるイラク出身の学生がイラクに住む家族からテロ組織「ISIS」が近づいているとの連絡を受けて帰郷したところ、町の外にはISISの戦闘員がうろつき戦闘状態になっていたそうだ。そのためこの学生は博士論文を執筆するどころではなくなり、そのことを指導教員に相談したところ、この教員はその地域に傭兵を派遣してその学生を救出するという決断をしたそうだ(ナリナリドットコムYahoo!ニュース)。

 この教授によると「博士課程にいる私の学生を危険にさらし、研究を妨害していることに心底、怒りが湧いてきました」とのことで、大学当局と相談し、「警備会社」にこの学生の救出を依頼。4人の傭兵が派遣され、学生の妻と2人の子供を救出したという。その後この学生は無事博士号を取得、スウェーデンの製薬会社に就職できたという。傭兵派遣費用は自前で支払うことになったようだが、それもほとんどを支払い終えたそうだ。

スラド
※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2020 All rights reserved.