1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > 本田技研工業(1)

本田技研工業のニュース一覧

(c) 123rf

減産に入ると、数カ月前に発注していた部品や資材が必要なくなるほどの事態となる。 05/30 17:44

「FREED Modulo X Honda SENSING」(画像: 本田技研工業の発表資料より)

ホンダは29日、昨年10月にマイナーチェンジした「FREED」をベースにしたコンプリートカー「FREED Modulo X(フリード モデューロ エックス)」をマイナーチェンジし、発売した。 05/30 08:59

(c) 123rf

トヨタが世界の自動車メーカーに対して優位に立っているのは、「トヨタかんばん方式」と呼ばれる生産方式のおかげであった。 05/29 20:50

(c) 123rf

しからば、今期(2021年3月期)決算予測をトヨタが示したことは、意味があるのであろうか?『2020年4月~6月を底に徐々に回復し、2020年の年末から2021年の前半にかけて前年並みに戻る』と予想したようだが、これは的確なのであろうか?  現在が底で回復すると見ているが、秋口から冬にかけて第2波が、もしくは、5・6月の規制緩和後に小刻みに第2波、3波が来てしまうと、「検査を増やし、陽性者を発見し、確実に隔離する」ことが出来ないと、またロックダウンに近い自粛要請が行われ、トヨタの今期予測は外れる。 05/28 11:57

(c) 123rf

トヨタが見せる自信はTNGAによるところだが、真に壮大なシステムで、開発開始から半世紀以上の時が経っている。 05/27 12:16

(c) 123rf

まれに見る困難に直面している自動車産業だが、トヨタの姿勢などを理解するには、自動車産業が社会の中でどの様な位置におり、現在起きている「パンデミックにより、引き起こされている事態がどのようなことであるのか?」をよく理解しなければ生き残れない。 05/26 16:48

(c) 123rf

トヨタ自動車は5月12日、2020年3月期(2019年4月~2020年3月)の決算を公表したが、トヨタは前期に比べ連結売上高は1%減、連結営業利益は1%減である。 05/26 07:23

(c) 123rf

どの様な製品、組織でも、「物質社会の基盤」である「品質保証」において、組織を動かすときは最初に【解決すべき問題点を出来ない理由】にしてしまう問題に取り組まねばならない。 05/23 08:51

(c) 123rf

【解決すべき問題点を出来ない理由】にしてしまう言動は、常に「企業経営者・管理者・指導者の悩みの種」と言って良い問題だ。 05/22 14:10

(c) 123rf

カルロス・ゴーン元日産会長が日産に赴任して数年後、『日本人は出来ない理由を述べるのがうまい』と、日本社会の現状を皮肉たっぷりに述べたのが今でも印象に残っている。 05/22 07:25

(c) 123rf

しかし、トヨタの今期(2021年3月期)の見通しは甘すぎると感じる。 05/19 17:21

(c) 123rf

■驚異は【売上高減と営業利益減の差】  ・トヨタ :売上高 1.0%減 ・ 営業利益 1.0%減  ・マツダ :売上高 3.8%減 ・ 営業利益47.0%減  ・ホンダ :売上高 6.0%減 ・ 営業利益12.8%減  ・日産(予):売上高13.0%減 ・ 営業利益83.0%減  5月16日現在、予測を含めて発表されている2020年3月期(2019年4月~2020年3月)の決算数字が意味するところは、ホンダ、マツダ、日産に比べて、トヨタは売上高減にしては営業利益が下がっていないことだ。 05/19 11:46

(c) 123rf

この記事は、自動車大手の2020年3月期決算結果から見える現実を直視したものだが、何社かの自動車会社は現在、死活問題に直面している状況と推察される。 05/19 07:59

このような防疫に関する「基本的知見」を踏まえて工場操業再開を考えると、第一に、作業者の中にいるであろう「陽性者」を発見し隔離しなければならない。 05/08 09:24

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告