東京為替:1ドル108円近辺、米当局・住宅ローン業者を調査

2021年4月20日 09:39

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:39JST 東京為替:1ドル108円近辺、米当局・住宅ローン業者を調査
午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=108円近辺で推移。米消費者金融保護局は、住宅ローンの支払い困難者に関して、差し押さえの回避などが受けられているか、借り手を圧迫している業者に対する調査を開始したとロイターが報じている。なお、借り手の保護を目的としており、支援を行っていない業者には厳しい処分が科される可能性がある。

一方、東京株式市場は日経平均が520.25円安と寄り付きから下げ幅を拡大している。海外では、米国市場が下落となり、国内では新型コロナの感染拡大により、東京、大阪で緊急事態宣言が検討されていることで、経済への影響を懸念し、下げ幅が拡大しているようだ。また、指数に寄与度の高いファーストリテイリング<9983>は1000円の下落となり相場の上値を抑えているようだ。《FA》

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 小惑星ベンヌ (c) NASA
  • ©2020 HOKUSAI MOVIE
  • アルファード 特別仕様車 S“TYPE GOLD II”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 光イオンを発生させ車内の空気清浄するAirReborn(画像:ガイダンスインターナショナル発表資料より)
  • 新型VEZEL(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 新型アウディA3シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース