「Jトラストロイヤル銀行」(カンボジア)がアジア12カ国を代表する『働き方ベストカンパニー』を受賞

2021年1月21日 17:05

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■Jトラストグループの主要事業会社のひとつ

 Jトラスト<8508>(東1)の子会社で、カンボジアにおいて銀行業を展開するJ Trust Royal Bank Plc.(Jトラストロイヤル銀行)が、2020年12月、国際的な人事評価機関であるHR Asia(本社:マレーシア)の『アジアを代表する働き方のベストカンパニー)』を受賞した。

 アジア12カ国(中国・インドネシア・シンガポール・ベトナム・カンボジア等)の企業により選出される『2020HR ASIA AWARD』において、『2020 Best Companies to work for in ASIA(アジアを代表する働き方のベストカンパニー)』に輝いた。

 Jトラストロイヤル銀行は、オーストラリア/ニュージーランドを拠点に世界展開するANZ Royal Bankグループから、Jトラストが2019年8月に発行済み普通株式の55.0%を取得完了して連結子会社とした銀行。

 一方、HR Asiaは、人事、人材開発、労務管理などのHR(human resources)領域における国際的な人事情報の刊行物『HR Asia』の出版や『HR ASIA AWARD 』イベントを主催し、HR領域において、積極的な活動や挑戦を続けている企業人事部や人事担当者にとって有益だと評価されている活動や成果の事例を発信し、表彰することで、人事や人材開発に関わる全ての企業・個人のレベルアップと、HR領域全体の活性化を目指す。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース