アンジェスが続伸、「次の段階の臨床試験11月頃」など連日材料視

2020年10月26日 12:08

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■前引けにかけて次第高

 アンジェス<4563>(東マ)は10月26日、次第高となり、11時20分を過ぎて9%高の1209円(100円高)をつけて2日連続の出直りとなっている。

 大阪大学などと開発中の新型コロナウイルス向けDNAワクチンについて、引き続き、「創業者で大阪大学寄付講座教授の森下竜一氏は22日、大阪での講演で『(より大人数を対象とした)次の段階の臨床試験は、11月ごろから始まる予定だ』と明らかにした」(10月22日の日経QUICKニュースより)と伝えられたことなどが期待材料になっている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ピースリーは動意づいて急伸、21年1月期黒字予想(2020/09/30)
【特集】値ごろ妙味のPBR1倍割れの証券株は「閑散に買いあり」となるか?(2020/08/11)
【特集】資源関連株の「温故知新」相場も一考余地(2020/08/03)
Delta-Fly Pharmaは新規抗がん剤の開発目指す(2020/09/30)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告