米7月雇用統計、予想上回りドル買い先行

2020年8月7日 22:07

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*22:07JST 米7月雇用統計、予想上回りドル買い先行


米労働省が発表した7月雇用統計で失業率は10.2%と、6月11.1%から低下し、予想10.5%を下回りパンデミックによる経済封鎖が始まった3月来で最低となった。4月に過去最高を記録したのち低下傾向にある。7月非農業部門雇用者数は前月比+176.3万人となった。伸びは過去最大を記録した6月+479.1万人から鈍化したが、予想+148.0万人を上回った。一部では減少予想もあったためポジティブサプライズととらえられた。

7月民間部門雇用者数も前月比+146.2万人。伸びは6月473.7万人から減少したが、予想+120万人を上回った。平均時給は前月比+0.2%と、予想外に3カ月ぶりのプラスに改善。前年比では+4.8%と、6月+4.9%から小幅鈍化したものの予想+4.2%を上回った。不完全雇用率(U6)は16.5%と、18%から低下。労働参加率は61.4%と6月の61.5%から上昇予想に反して低下した。

予想を上回った結果を好感し一時ドル買いが強まったが伸びは限定的。ドル・円は105円87銭まで急伸後、105円56銭まで反落。ユーロ・ドルは1.1802ドルへ下落後、1.1847ドルへ反発した。
【経済指標】
・米・7月失業率:10.2%(予想:10.5%、6月:11.1%)
・米・7月非農業部門雇用者数:前月比+176.3万人(予想:+148.0万人、6月:+479.1万人←+480.0万人)
・米・7月民間部門雇用者数:前月比+146.2万人(予想+120万人、6月473.7万人←476.7万人)
・米・7月平均時給:前年比+4.8%(予想:+4.2%、6月:+4.9%←+5.0%)
・米・7月不完全雇用率(U6):16.5%(6月18%)
・米・7月労働参加率:61.4%(予想61.8%、6月61.5%)《KY》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース