『今日から俺は!!』が最終興収50億円を見込む大ヒットスタート

2020年7月21日 19:12

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

7月17日から公開された『今日から俺は!! 劇場版』が大ヒットスタートを切った。写真:『今日から俺は!!劇場版』 (C)西森博之/小学館 (C)2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

7月17日から公開された『今日から俺は!! 劇場版』が大ヒットスタートを切った。写真:『今日から俺は!!劇場版』 (C)西森博之/小学館 (C)2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会[写真拡大]

写真の拡大

 7月17日から公開された『今日から俺は!! 劇場版』が大ヒットスタートを切った。公開後3日間で動員60万4642人、興収7億8758万8600円を記録。配給元の東宝では「50億円突破が狙える」としている。

 ・米、コロナ感染再拡大で映画の公開日延期が相次ぐ、ディズニーランドも無期限休止

 全国動員ランキングでは、6月27日から7月11日まで3週連続でスタジオジブリ作品がトップ3を独占してきた(1位『千と千尋の神隠し』、2位『もののけ姫』、3位『風の谷のナウシカ』)。この間、人気ゲームの映画化『ソニック・ザ・ムービー』、シルベスター・スタローンの人気シリーズ新作『ランボー ラスト・ブラッド』、古典的なホラー映画を現代によみがえらせた『透明人間』といった新作が公開されてきたが、トップ3に食い込むことはできなかった。新作映画よりも再上映されているジブリアニメが好調な中、ようやく新作映画『今日から俺は!!』に大勢の観客が足を運んだ。

 7月公開予定の邦画では『るろうに剣心 最終章』『劇場版ポケットモンスター・ココ』が公開を延期する中、『今日から俺は!!』は延期しなかった。7月12日にキャストや監督が出演する生配信イベントを開催したり、15日から全国6都市のhmv museumで企画展を開催。17日には全国約200館で初日舞台挨拶中継を実施。製作元・日本テレビでは同じ17日の『金曜ロードSHOW!』で『映画公開記念!!今日から俺は!!スペシャル』を放送した。公開前にしっかり宣伝したことで観客に情報が浸透したようだ。

 また注目したいのが上映スクリーン数だ。上映劇場数は359館、上映スクリーン数は未発表だが、各シネコンのHPを見ると、1館で2〜3スクリーンを『今日から俺は!!』の上映にあてているところが多い。コロナ禍で映画館への入場者数を座席数の半分に制限していることから、各映画館では期待作である『今日から俺は!!』の上映スクリーン数を増やして一気に集客する施策をとったものと思われる。

 23日からは人気ドラマの映画化第2弾『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が公開される。新作映画が興行を盛り上げる、本来の姿が戻りつつあるようだ。(文:相良智弘/フリーライター)

【関連記事】

 米、コロナ感染再拡大で映画の公開日延期が相次ぐ、ディズニーランドも無期限休止
恩返し! 倍返し! 『半沢直樹』続編、初回から話題沸騰「究極の顔芸ドラマ」
止まらない! ジブリ『千と千尋の神隠し』などが3週連続トップ3独占!
週刊少年ジャンプ、相次ぐ人気作の完結 連載継続より“アッサリ終了”に路線変更か

関連キーワードスタジオジブリ風の谷のナウシカるろうに剣心コンフィデンスマンJP今日から俺は!!ソニック・ザ・ムービー

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース