止まらない! ジブリ『千と千尋の神隠し』などが3週連続トップ3独占!

2020年7月14日 18:57

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

興行通信社より、週末の映画興行収入ランキング(7月11日・12日)が発表された。写真:画像はTOHOシネマズ公式サイトより

興行通信社より、週末の映画興行収入ランキング(7月11日・12日)が発表された。写真:画像はTOHOシネマズ公式サイトより[写真拡大]

写真の拡大

 興行通信社より、週末の映画興行収入ランキング(7月11日・12日)が発表された。ジブリ映画の『千と千尋の神隠し』(01年)、『もののけ姫』(97年)、『風の谷のナウシカ』(84年)が、3週連続でトップ3を席巻している。

 ・ジブリ映画強し! 『千と千尋の神隠し』などが2週連続トップ3独占

TOHOシネマズは、政府が4月に発令した新型コロナウイルス(以下、コロナ)の感染拡大防止に伴う緊急事態宣言の解除後、全国で営業を順次再開。新作映画の公開延期を受け、過去の人気映画を展開している。6月下旬からは「一生に一度は、映画館でジブリを。」と題し、宮崎吾朗監督の『ゲド戦記』を含むジブリ映画4作品を全国上映中だ。

 上映第1週目の同ランキングでは『千と千尋の神隠し』が首位、『もののけ姫』が2位、『風の谷のナウシカ』が3位を記録。2週目に引き続き、上映3週目も上記3作が再びトップ3にランクインした(順不同)。『ゲド戦記』も10位に入る健闘を見せている。平日でも、7月3日にオープンしたTOHOシネマズ池袋で実施された『もののけ姫』の轟音上映などで満席(通常の50%の動員数)になる回があり、ジブリ人気の高さがうかがえる。

 公開初週の吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)主演の『私がモテてどうすんだ』は4位、「SAW」シリーズの脚本家リー・ワネルが監督・脚本をつとめたサイコ・サスペンス『透明人間』は5位、ケルヴィン・ハリソン・Jrとテイラー・ラッセルがW主演の『WAVES/ウェイブス』は9位。公開2週目の長澤まさみ主演『MOTHER マザー』は、6位から8位へランクダウンしている。

 今週末は山崎賢人主演の『劇場』、賀来賢人や伊藤健太郎らが出演する『今日から俺は!! 劇場版』、山田孝之主演の『ステップ』の公開が控える。ジブリの牙城を崩せるのか注目だ。

 なおTOHOシネマズでは現在、コロナの感染拡大防止を目的に、座席指定券は原則、前後左右に1席ずつ間隔を空けて販売。来場者には検温やマスクの着用などが求められる。

【関連記事】

 TOHOシネマズ、首都圏で営業再開 スタッフは厳戒態勢

[動画]貯めたお金がまさかの激減!主婦・天海祐希が奔走/映画『老後の資金がありません!』特報
これがTOHOシネマズの本気か!営業再開ラインナップが「全力過ぎる」と話題
[動画]自分の“真”の姿で敵に立ち向かっていくディズニー最強ヒロイン/映画『ムーラン』字幕版予告編

関連キーワード山崎賢人私がモテてどうすんだ風の谷のナウシカ山田孝之長澤まさみEXILE賀来賢人健太郎今日から俺は!!伊藤健太郎新型コロナウイルス

関連記事

広告

財経アクセスランキング