東京為替:ドル・円は106円90銭台、クロス円は上昇基調

2020年7月13日 16:01

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:01JST 東京為替:ドル・円は106円90銭台、クロス円は上昇基調

13日午後の東京市場でドル・円は106円90銭台と、本日高値圏での推移が続く。上海総合指数などアジア株は強含み、リスク選好的な円売りでクロス円は上昇基調を維持。一方、欧米株式先物の堅調地合いで今晩の株高も予想され、安全通貨のドルも売りが出やすい。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円79銭から106円95銭、ユーロ・円は120円82銭から121円20銭、ユーロ・ドルは1.1304ドルから1.1336ドル。《TY》

関連記事

広告

財経アクセスランキング