コスモス薬品 急伸、前期上振れ決算や6月の月次好調持続を評価

2020年7月13日 14:30

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:30JST コスモス薬品---急伸、前期上振れ決算や6月の月次好調持続を評価
コスモス薬品<3349>は急伸。先週末に20年5月期の決算を発表、営業利益は291億円で前期比17.4%増益となった。市場予想は10億円強上振れているとみられる。21年5月期は291億円で同横ばいの予想としている。市場コンセンサス水準ではあるが、安心感につながっているほか、下期鈍化見通しでやや保守的との見方にも。また、6月の既存店売上も前年同月比10.5%増と好調を維持、食品が好調持続のほか、医薬品・化粧品も回復傾向に。《HH》

関連記事

広告