東京為替:ドル・円は底堅い、日本株は上げ幅を拡大

2020年7月13日 13:05

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:05JST 東京為替:ドル・円は底堅い、日本株は上げ幅を拡大

13日午後の東京市場でドル・円は106円80銭台と、底堅い値動きが続く。世界的な新型コロナウイルスのワクチン開発への期待感を背景に、ドル売りに振れやすい。一方で、日経平均株価は前週末比400円高と上げ幅を拡大しており、リスク選好的な円売りがドル売りを抑制しているもよう。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円79銭から106円95銭、ユーロ・円は120円82銭から121円04銭、ユーロ・ドルは1.1304ドルから1.1330ドル。《TY》

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース