東京為替:日経平均上げ幅拡大もドルは106円90銭近辺でもみ合う状態が続く

2020年7月13日 10:10

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:10JST 東京為替:日経平均上げ幅拡大もドルは106円90銭近辺でもみ合う状態が続く
13日午前の東京市場でドル・円は106円90銭近辺で推移。日経平均は365円高と一段高となっているが、株高持続を意識したリスク選好的なドル買い・円売りは増えていないようだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円86銭から106円95銭、ユーロ・ドルは1.1304ドルから1.1317ドル。ユーロ・円は120円82銭から120円97銭。

■今後のポイント
・多くの国でウイルス感染拡大を懸念
・主要国の企業景況感改善
・米政策金利は長期間据え置きの公算《MK》

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース