保土谷化学が急伸、「iPhone」全新機種に有機ELと伝えられ関連株の値動き活発

2020年7月8日 10:41

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■KIMOTO、平田機工、ブイ・テクノ、昭和真空なども高い

 保土谷化学工業<4112>(東1)は7月8日、急伸し、9時20分過ぎに15%高の4850円(640円高)をつけたあとも十数%高で活況となっている。

 米アップルが「iPhone」の2020年後半に発売する新機種全4モデルを有機ELを採用すると同日付の日本経済新聞・朝刊が伝え、材料メーカーとして住友化学<4005>(東1)、出光興産<5019>(東1)、保土谷化学工業を挙げ、注目集中となった。

 挙げられた銘柄のほかに、KIMOTO<7908>(東1)は11%高、平田機工<6258>(東1)、ブイ・テクノロジー<7717>(東1)は8%高、昭和真空<6384>(JQS)は5%高。ローツェ<6323>(東1)、マナック<4364>(東2)なども高い。 (HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】第2、第3のテレワーク関連株に注目、仮想デスクトップ・テレビ会議関連など(2020/02/03)
【株式評論家の視点】昭栄薬品はオレオケミカルの専門商社、自社株買い実施に光通信が保有(2020/01/09)
【株式評論家の視点】北の達人コーポは「刺す化粧品-ディープパッチシリーズ」が大ヒット、700円割れが下値として意識(2020/01/16)
【ブロックチェーン・STO関連銘柄特集】新たな金融サービスの広がりに期待(2019/12/11)
【株式評論家の視点】プレナスは通期業績予想を据え置き、配当利回り3%(2020/01/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース