ジブリ映画強し! 『千と千尋の神隠し』などが2週連続トップ3独占

2020年7月7日 19:26

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

週末の映画興行収入ランキングにて(7月4日・5日)、先週上映が始まったジブリ映画の『千と千尋の神隠し』(01年)、『もののけ姫』(97年)、『風の谷のナウシカ』(84年)が2週連続でトップ3を独占したことが明らかになった。写真:画像はTOHOシネマズ公式サイトより

週末の映画興行収入ランキングにて(7月4日・5日)、先週上映が始まったジブリ映画の『千と千尋の神隠し』(01年)、『もののけ姫』(97年)、『風の谷のナウシカ』(84年)が2週連続でトップ3を独占したことが明らかになった。写真:画像はTOHOシネマズ公式サイトより[写真拡大]

写真の拡大

 週末の映画興行収入ランキングにて(7月4日・5日)、先週上映が始まったジブリ映画の『千と千尋の神隠し』(01年)、『もののけ姫』(97年)、『風の谷のナウシカ』(84年)が2週連続でトップ3を独占したことが明らかになった。

 ・『風の谷のナウシカ』『もののけ姫』…全国映画館で6月26日からジブリ祭り!

TOHOシネマズは、政府が4月に発令した新型コロナウイルス(以下、コロナ)の感染拡大防止に伴う緊急事態宣言の解除後、全国自治体で営業を順次再開。新作映画の公開延期を受け、過去の人気映画を展開している。6月下旬からは、「一生に一度は、映画館でジブリを。」と題して、宮崎吾朗監督の『ゲド戦記』を含むジブリ映画4作品を全国上映していた。

 上映第1週目となった6月27日・28日の週末興行収入ランキングでは『千と千尋の神隠し』が1位、『もののけ姫』が2位、『風の谷のナウシカ』が3位。トップ3を独占し、ジブリ人気の高さを証明した。

 今回の同ランキングでは、上記3作が2週連続でトップ3を独占(順不同)。先週9位だった『ゲド戦記』も順位を1つ上げて8位にランクインしている。

 『ランボー ラスト・ブラッド』やロバート・ダウニー・Jr.主演の『ドクター・ドリトル』、長澤まさみ主演の『MOTHER マザー』など新作映画も続々と公開されているが、ジブリ人気の高さがあらためて示された格好だ。

 ジブリは、ほかにも『天空の城ラピュタ』(86年)、『魔女の宅急便』(89年)、『紅の豚』(92年)、『耳をすませば』(95年)など人気作をまだまだ抱えている。ジブリ映画の入れ替え上映にも期待だ。

 なおTOHOシネマズでは現在、コロナの感染拡大防止を目的に、座席指定券は原則、前後左右に1席ずつ間隔を空けて販売。来場者には検温やマスクの着用などが求められる。

【関連記事】

 TOHOシネマズ、首都圏で営業再開 スタッフは厳戒態勢

[動画]絵本から飛び出した迷子の赤ちゃん恐竜をママの元へ!子どもたちが大奮闘/映画『ダイナソー・デイナ 絵本から出たティラノサウルス』予告編
これがTOHOシネマズの本気か!営業再開ラインナップが「全力過ぎる」と話題
[動画]自分の“真”の姿で敵に立ち向かっていくディズニー最強ヒロイン/映画『ムーラン』字幕版予告編

関連キーワード風の谷のナウシカ長澤まさみ魔女の宅急便耳をすませば新型コロナウイルス

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース