『やまとなでしこ』再放送に反響! 視聴者「贅沢な時間すぎて幸せ」「名シーン多すぎる」

2020年7月7日 19:28

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

松嶋菜々子主演のドラマ『やまとなでしこ 20周年特別編』の前編が7月6日に放送された。写真:『やまとなでしこ 20周年特別編』キービジュアル

松嶋菜々子主演のドラマ『やまとなでしこ 20周年特別編』の前編が7月6日に放送された。写真:『やまとなでしこ 20周年特別編』キービジュアル[写真拡大]

写真の拡大

 松嶋菜々子主演のドラマ『やまとなでしこ 20周年特別編』の前編が7月6日に放送された。

 ・松嶋菜々子主演の伝説ラブコメ『やまとなでしこ』20年ぶり再放送にファン歓喜「嬉しすぎる!!」

本作は、2000年10〜12月にフジテレビ系列で放送された全11話のロマンチック・ラブコメディー。お金が大好きで、玉の輿結婚を狙って合コンに明け暮れる客室乗務員の神野桜子(松嶋)が、小さな魚屋を営む元数学者・中原欧介(堤真一)と出会い、次第に心ひかれていくプロセスを描写する。最終回で最高平均視聴率34.2%を叩き出し、当時無名だった堤の出世作になった。MISIAが歌う主題歌「Everything」も名曲として名を馳せた。

 6日の2時間放送では、桜子と欧介が合コンで出会い、一度は関係が破綻するも、運命の偶然が重なって、再び急接近する様が描かれた。

 放送が始まるや、視聴者がSNSで「贅沢な時間すぎて幸せ」「名シーンが多すぎる」「今見ても全然色褪せない」と称賛。

 松嶋に対しても「お美しすぎる」「コロコロ変わる表情や仕草が本当に可愛かった」「こんなに綺麗さと可愛らしさと大人っぽさを演じられる27歳は今いないと思う」と絶賛の声が相次いだ。

 多くの出演者のターニングポイントになった本作は、主役の2人以外も見どころ満載だ。桜子の後輩・塩田若葉役の矢田亜希子は当時、そのキュートさで人気が急上昇。映画『踊る大捜査線』シリーズでシリアスな警察官僚を演じた筧利夫は本作で急転。信用金庫につとめる粕屋紳一郎をコミカルに演じ、演技の幅の広さを見せた。また、後に合成麻薬MDMAの使用などで逮捕された押尾学の姿も、モザイクなし・ノーカットで映し出された。

 『やまとなでしこ 20周年特別編』の後編は、7月13日夜に放送される。桜子と欧介が生み出す感動のラストシーンをどうぞお見逃しなく!

【関連記事】

 『ごくせん』松潤の降臨にファン胸キュン「最高に美しい天使」「マジカッコいい」
[動画]中村倫也が踏み入れたそこは快楽を貪り決して離れられない町だった/映画『人数の町』予告編
『99.9−刑事専門弁護士−』松潤にファンドキドキ「顔ちっちぇ、睫毛長ぇ!」
[動画]リアムvsノエルの最低で最高な兄弟喧嘩、オアシス解散の一部始終/映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』本編映像

関連キーワード松嶋菜々子

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース