ケンコーマヨネーズは高まるテイクアウト需要に対応、メニューを彩るカラフルな商品が登場

2020年7月6日 20:20

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は、フードサービス業向けにマヨネーズ・ドレッシング類、サラダ・総菜類、タマゴ加工品の新商品計10品を7月15日(水)と8月24日(月)に発売する。

ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は、フードサービス業向けにマヨネーズ・ドレッシング類、サラダ・総菜類、タマゴ加工品の新商品計10品を7月15日(水)と8月24日(月)に発売する。[写真拡大]

写真の拡大

■業務用:2020年秋冬新商品10品発売

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は、フードサービス業向けにマヨネーズ・ドレッシング類、サラダ・総菜類、タマゴ加工品の新商品計10品を7月15日(水)と8月24日(月)に発売する。

 今回は、海外トレンドを調査し開発した商品をはじめ、メニューに彩りを添える商品や保存性に優れた商品などを発売する。市場で広がりつつあるテイクアウトやデリバリー需要にも応えるラインナップ。新商品10品を使用したメニューを300以上用意し、外食やコンビニエンスストア、量販店、ベーカリーなど各業態に向けて、きめ細かな提案を行っていく。

<Pick Up! 商品>

 【「薫るトリュフのマヨソース」】世界三大珍味の一つと称されるトリュフ。欧米諸国をはじめとしたグローバル市場では定番テイストの一つで、国内市場でも関心が高まりつつある。人気の味わいを手軽に取り入れられるよう開発した。トリュフ入りきのこペーストと白トリュフオイルを使用した芳醇な香りがメニューに付加価値を与え、高級感を生み出す。

 【「キャベツとセロリのラぺ」】外食や中食、ベーカリーなど各業態でのテイクアウト需要が急速に伸長する中、メニューの見映えを良くする商品への期待が高まっている。また、SNSで発信されるカラフルなメニューも継続して注目されている。本商品は細切りにしたキャベツとセロリの色鮮やかな緑色が特長。メニューに彩りを与え、華やかに仕上げている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
アールシーコアは売り一巡、21年3月期収益改善期待(2020/02/07)
パイプドHDは上値試す、20年2月期大幅増益予想(2020/02/07)
ピックルスコーポレーションは上値試す、20年2月期大幅増益予想(2020/02/07)
NATTY SWANKYは上値試す、20年6月期大幅増益予想で2Q累計順調(2020/02/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告