コロナ自粛に苦しむ劇団四季、クラウドファンディング1.3億円超を調達

2020年6月26日 07:57

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

新型コロナウイルス(以下、コロナ)自粛で苦しむ劇団四季が、クラウドファンディングを通じて1.3億円超の資金調達に成功している。写真:画像は、劇団四季のクラウドファンディングページより

新型コロナウイルス(以下、コロナ)自粛で苦しむ劇団四季が、クラウドファンディングを通じて1.3億円超の資金調達に成功している。写真:画像は、劇団四季のクラウドファンディングページより[写真拡大]

写真の拡大

 新型コロナウイルス(以下、コロナ)自粛で苦しむ劇団四季が、クラウドファンディングを通じて1.3億円超の資金調達に成功している。

 ・渋谷シネクイント、生き残りプロジェクトが目標金額200%超の資金調達に成功!

 全国に8つの専用劇場を抱える劇団四季は、60年以上にわたって公演活動を行う世界最大規模の演劇集団。年間の総観客数は300万人超に達し、俳優・技術スタッフ・経営スタッフが約1400名所属している。

 しかし今年は、コロナ自粛の影響で2月末から公演活動を中止。6月末までの4ヵ月間で、年間総公演の3分の1にあたる約1000公演が実施できなくなった。

 今年はまた、東京・竹芝で新・JR東日本四季劇場[春][秋]が産声を上げるはずだった。[春]のこけら落とし作品として、9月10日から開幕予定だった『アナと雪の女王』は、2021年6月に延期を余儀なくされている。

 緊急事態宣言が解除された後も、映画館などと同様、コロナの感染拡大防止策として、席の間隔を十分とるよう配慮する必要があり、今まで通り公演を行うことが困難。「かつてない経営危機に直面しています」と訴え、6月17日にクラウドファンディングに踏み切った(https://motion-gallery.net/projects/shiki-shien)。

 目標額は、1億円に設定。25日現在、すでに1億3700万円以上を調達。劇団四季ギフトカード(5万円分)と感謝状がセットになった10万円コースも、180人以上が参加している。

 なお獲得した資金は、劇団活動の維持および中止公演の損失補填、今後の活動資金に充てるという。

 劇団四季の本プロジェクトは、9月30日まで継続。「今、私たちができることは、『演劇の感動の灯をともし続ける』という祈りを強く持ち、活動に全力で取り組むことです」と力強いメッセージを送る劇団四季の思いは、ファンへ確実に届いているようだ。

【関連記事】

 コロナから舞台を救え! 専門プラットフォーム発足計画が6420万円資金調達
[動画]“人間イチロー”の魅力が詰まった「おしえて!イチロー先生」/SMBC日興証券CM
長友佑都、ひとり親支援プロジェクトで目標の5000万円調達!
[動画]【前編】手越祐也緊急記者会見(ノーカット)

関連キーワードJR東日本クラウドファンディングアナと雪の女王新型コロナウイルス

関連記事

広告

財経アクセスランキング