相場展望6月16日号 高株価とファンダメンタルズとの乖離は持続せず(1/2)

2020年6月16日 07:13

小

中

大

印刷

・米株はFOMC発表とコロナ第2波予想で『売り』
・日本株は6/12先物の特別清算後に『不安定化』

【前回は】相場展望6月11日号 『コロナ・バブル相場』の転換点として注目の (1)米FOMC(6/10会見) (2)日・先物SQ(6/12)

■I.米国株式市場

●1.米株式の上昇相場の行方を占う米FOMC(連邦公開市場委員会)発表で、『売り』を呼ぶ

 1)米FOMC「2022年までゼロ金利据え置き予想」 ⇒ 市場は『景気後退の長期化』と受け止め
  ・ダウ続落、金融緩和長期化で銀行株に売り。ナスダックは初の1万台乗せ後に下落。

  ・FRB、現行ベースの債券購入継続を明言、経済は2020年▲6.5%縮小へ

  ・米連邦準備制度理事会(FRB)は10日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で金融緩和の長期化方針を出したが「かえって実体経済の回復の遅れを意識させた」との見方もあった。

  ・米国で新型コロナウイルスの感染者数が200万人を突破したとの報から、米株式は新型コロナ『感染第2波を懸念』、『景気回復の遅れに対する懸念』で、先物から下げ幅を拡大し、景気敏感株など現物株への売りが強まった。

  ・テキサス州など早期に経済活動の再開に踏み切った地域の一部では、感染者数が増加しつつあり、1日の新規感染者数が依然として約2万人と、感染者数が減る兆しは見られていない。人が密集する黒人暴行死事件への抗議活動が全米に広がり、感染の「第2波」への懸念が強まっている。

●2.米株価下落し、楽観論吹っ飛ぶ

 1)NYダウ6/9~11の3日間で▲2,444ドル(▲8.86%)下落、6/12は+477ドル高も戻り重い

 2)特に、6/11にはNYダウ暴落▲1,861ドル安(▲6.9%)は過去4番目の下げ幅
   SP500のこの日の下落率は▲5.9%下落したが、最近の大幅高により予想株価収益率は22倍と、インターネットバブル以降で最も割高になっていた。

 3)ただ、大半の投資家はここ数ヵ月、慎重な姿勢を維持しており、数ヵ月前に8年ぶりの水準にまで悪化した投資家センチメントは、若干上向いていたにすぎない。

●3.NYドルは、3ヵ月ぶり安値更新、FRBが現行政策維持で

●4.原油は、米原油在庫が過去最高、サウジからの輸入増加で

●5.米失業率

 1)米失業者数が4,420万人超える、6/6までの1週間の新規失業保険申請者数154万人。

 2)米労働省11日発表によると、新型コロナの感染拡大で職を失った人数は計4,420万人に達した。

 3)米国ではウイルスの感染拡大が終息する兆しが見られず、世界最大の経済大国への打撃が今後も続くとアナリストは見ている。

 4)新規失業保険申請数は先月ピークに達し、その後は減少に転じているが、先週の154万人でも2008年の世界金融危機のさなかに見られた水準を大幅に上回っている。経済活動は引き続き制限され抑制されており、今後数週間はレイオフが続きそうだ。

●6.米国でコロナ感染拡大予想、「8月下旬に『第2波』、10月までに死者累計17万人」

 1)米ワシントン大学は6月11日、新型コロナ感染の第2波が米国では8月第4週から始まると公表した。

 2)第2波は8月第4週からとした理由
  ・経済活動規制緩和に伴う密の増大
  ・全米に広がる人種差別抗議デモ
  ・夏のバカンス期の人の移動

 3)11月の大統領選挙は感染拡大で再び深刻化する中で行われる可能性もある。

 4)「9月までに感染封じ込め策を講じなければ、10~11月にさらに悪化する恐れ」と警鐘。

続いて、「中国株式市場」「日本株式市場」の分析、「注目銘柄」へ

関連キーワード日経平均NYダウアメリカ中国補正予算失業率FOMC新型コロナウイルス

関連記事

広告