相場展望5月13日号 トランプ『FRBにマイナス金利を要求』で、2番底に警戒 (1/2)

2020年5月13日 07:32

小

中

大

印刷

・株価は(1)過剰マネー(2)米株(3)経済活動再開で堅調だが、企業決算発表で業績悪化が表面化

■I.米国株式市場

●1.米トランプ大統領、FRBにマイナス金利導入を要求 ⇒ 『楽観⇒悲観』への転換に警戒

 1)米大統領は12日、ツイッターに『ほかの国がマイナス金利の恩恵を受けている以上、アメリカもその贈り物をもらうべきだ』と投稿した。新型コロナウイルスの影響で経済が悪化する中、中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)に対してマイナス金利を導入するよう求めた。

【前回は】相場展望5月11日号 株価は利益成長と共に成長が原則、今は真逆で1株利益減少のなかでの株高が続く(1/2)

 2)マイナス金利は、預金しておくと金利収入が得られるのではなく、逆に手数料がかかる形になるため、資金の活用が増える効果があるとされている。

 3)パウエルFRB議長は3月時点では、「適切な対応になるとは思えない」と、導入に慎重な考えを示していた。

 4)市場が金融緩和追加という受け止めをすると、株価上昇の弾みになる可能性がある。

 5)しかし、経済指標が悪化する中で、株式相場だけが『楽観』ムードで株価上昇しており、経済の実態悪に目を向け『悲観』に転換する可能性も秘めており、2番底に警戒したい。

●2.米財務長官、失業率は4月14.7%から、今後さらに悪化すると予想

 1)米政府は給与税の減税を検討も。

●3.米経済、年後半の成長は「緩慢で不均等」に(シカゴ連銀のエバンス総裁発言)

  米経済のV字型回復は見込めない(ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁発言)
  3兆ドルの景気対策が経済を下支えする(サンフランシスコ連銀のデイリー総裁発言)

 1)新型コロナのよる打撃を受けた米経済は、年前半に急激に落ち込む。

 2)年後半は成長に転じるが、回復のペースは緩慢で、業種によって異なる公算が大きい。

 3)新コロナによる社会的距離(ソーシャル・ディスタンス)の確保は長期間継続を要する。ワクチンと有効な治療薬が開発されるのに1~2年は要する見込みのため、4月非農業部門雇用者▲2,050万人減という「壊滅的な雇用喪失」からの回復は「ゆっくり長い時間がかかる」と予想した。

 4)2021年はプラス成長になると見込む。

●4.新型コロナ抑制策の緩和は、「第2波を強く警戒」しながら慎重に(世界保健機関(WHO))

 1)感染拡大抑制を緩和した、ドイツ、韓国で再度感染が広がり始めたことを受け。

●5.米政府は台湾積体電路製造(台湾、TSMC)に対し、米国での生産を要請

 1)新型コロナ蔓延で、米政府は半導体のアジア依存を軽減し、半導体の自給自足を目指す。

 2)TSMCの主な発注先に米企業があり、米国生産で最大顧客アップルと協議済みという。

 3)TSMCは中国本土で半導体工場を稼働させたが、台湾への回帰策で台南に新増設中。

 4)TSMCは極微細回路の半導体製造では世界最先端企業で首位。

 5)米国にとっての国家安全保障の観点からも整合する。

●6.各国の動向

 1)ニュージランド 条件付きで経済活動を14日から再開。

 2)独 新型コロナの影響で人員削減広がる。主に自動車、ホテル、旅行、飲食

 3)格付け会社フィッチの見方「デフォルト国の数は過去最高」を予想
  ・2020年は複数の国が今後も、デフォルト(債務不履行)する国が過去最多となる公算が大きいとの見方を示した。
  ・既にアルゼンチン、エクアドル、レバノンの3ヶ国が債務不履行。
  ・2020年1~4月で「格下げ」された国は最多の29ヶ国に達す。

続いて、「中国株式市場」「日本株式市場」の分析、「注目銘柄」へ

関連キーワードソニートヨタ自動車トヨタ日経平均ドイツアメリカ中国台湾サウジアラビア原油村田製作所アルゼンチンレバノン資生堂半導体5G(第5世代移動通信システム)世界保健機関(WHO)失業率新型コロナウイルス

関連記事

広告