国際 RSS

 

【ロンドン通信】外出制限、少なくとも3週間延長もイギリス人は支持!?

2020年4月22日 20:27

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

現地時間4月13日で、イギリスで外出制限が始まってから丸3週間が経った。写真:公園の入り口には「公園は運動目的にのみ利用を。日光浴・ピクニック・バーベキューは禁止」という注意書き(ロンドン)

現地時間4月13日で、イギリスで外出制限が始まってから丸3週間が経った。写真:公園の入り口には「公園は運動目的にのみ利用を。日光浴・ピクニック・バーベキューは禁止」という注意書き(ロンドン)[写真拡大]

写真の拡大

 現地時間4月13日で、イギリスで外出制限が始まってから丸3週間が経った。16日には外出制限が「少なくとも3週間」延長されることが決まり、ロンドン市民の“ロックダウン生活”はまだ続きそうだ。およそ1ヵ月も、電車にもバスにも乗らない生活なんていつ以来だろう。

 ・【ロンドン通信】ついに日本でも緊急事態宣言発令!外出制限下のロンドン市民はどう乗り切っている!?

 食料品の買い占め、宅配サービスの需要増、経済と雇用情勢の悪化、大気汚染の改善……イギリスでもヨーロッパ諸国でも(そしておそらく日本でも)、コロナウイルス流行に伴う外出制限がもたらした変化はだいたい同じだ。筆者と同居する女性(イギリス人)は、3月下旬から「一時休職」している。彼女が勤める会社は、社員の8割にメールで休職するよう告げた。

 イギリス政府の緊急経済対策では、企業が従業員を解雇せず雇用を維持した場合、休暇扱いになっている従業員の給与の8割、1人あたり月額最大2500ポンド(=約33万円、1ポンド130円換算)が政府から補助される。この大々的な措置は3月20日に発表されており、ちょうど1ヵ月後の4月20日に申請受付を開始した。個人ではなく事業主が申請する仕組みで、初日だけで14万件を超える申請があったそうだ。だから彼女もことさらに不安がる様子はなく、むしろこの時間を有効に活用している。

 先日は彼女の誘いで一緒にタイダイ(絞り染めの一種)をした。白い無地のTシャツやシーツを好きな色で染め、翌朝に庭に干した時の達成感は格別で、ロンドン生活の忘れられない思い出になった。SNS上にもお菓子作りやDIYなど、普段はできないことにチャレンジする様子が投稿されている。

 欧州最悪ではないにしても、イギリス国内の感染者数は深刻で、亡くなった方の数はすでに1万人を超えている。目の前に突きつけられるととても恐ろしい数字だ。それでもロンドン郊外は平和だ。私の周りだけかもしれない。でも少なくとも、アメリカの一部の州のような外出制限に反対する抗議デモや、日本のように政府の対策に批判が集中しているという報道は見かけない。

 外出制限延長が正式に発表される直前に、イギリスのデータ収集・分析会社YouGovが約3400人を対象に行ったアンケート調査によると、91%のイギリス国民が、政府がもし制限を延長するとしても、その判断を「支持する」と答えている。「強く支持する」が67%、「多少支持する」が24%で、「多少反対する」「強く反対する」は合わせてもたった5%だった。
(Sara Suzuki/London)

【関連記事】

 【ロンドン通信】新型コロナで外出制限中のイギリスで感動シーン!国民のヒーロー「NHS」に感謝の拍手
【ロンドン通信】映画館も休館!ロンドンがシャッター街に…「外出自粛」でも市民が集まる場所は?
[動画]外出制限が続く中、イースターを迎えたロンドンで、街中にかわいいアートが出現!【ロンドン通信】
[動画]新型コロナで外出制限中のイギリスで感動シーン!国民のヒーロー「NHS」に感謝の拍手【ロンドン通信】

関連キーワードイギリスロンドン

関連記事

広告

財経アクセスランキング