欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、株・原油の動向や米FRB議長の発言を材料視

2020年4月9日 17:25

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、株・原油の動向や米FRB議長の発言を材料視
9日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。新型コロナウイルスの影響への過度な懸念は小休止の見通し。一方、主要産油国の減産協議を受けた原油や株式の動向、連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言が材料視されそうだ。

新型ウイルスの世界的な蔓延による先行きへの警戒は残るものの、イタリアやスペイン、あるいは米ニューヨーク州の一部にピークアウトの兆しも示されており、これまでの過度な懸念は弱まりつつある。前日の米NY株式市場で大幅高に振れるなか、リスク選好的なムードで安全通貨のドルは売り圧力が強まる場面もあった。本日アジア市場でもその流れが受け継がれ、日経平均株価は軟調地合いだが、主要通貨のドルや円に対する底堅い値動きが目立った。ドル・円は下押し圧力の半面、円売りにより109円付近に押し上げられた。

この後の海外市場では、主要産油国の減産協議やユーロ圏の救済措置、パウエルFRB議長の発言が注目される。石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟国の会合で減産合意に達した場合、原油価格の上昇で円売りに振れやすい。また、ユーログループがウイルス救済策で一致すれば、円買いの巻き戻しが見込まれる。一方、FRB議長は状況説明で緩和的な姿勢を堅持するものの、コロナ終息後の回復に慎重姿勢を示すとみられ、10日からの欧米の連休を前に株売りが予想される。その際には安全通貨買いの流れとなり、ドル選好地合いとなりそうだ。

【今日の欧米市場の予定】
・21:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:500.0万件、前回:664.8万件)
・21:30 米・3月生産者物価指数(前月比予想:-0.4%、2月:-0.6%)
・21:30 カナダ・3月失業率(予想:7.5%、2月:5.6%)
・23:00 米・4月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値(予想:75.0、3月:89.1)
・23:00 米・2月卸売在庫改定値(前月比予想:-0.5%、速報値:-0.5%)
・23:00 パウエル米FRB議長が経済状況説明(ウェブ配信)
・02:00 米財務省・30年債入札《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 木星のガリレオ衛星と地球の大きさの比較。
  • (c) 123rf
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース