『鬼滅の刃』が1位! アニメ強しの一方でバラエティもじわじわ上位へ

2020年4月3日 20:45

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

日本のみならず、世界的に見ても大きな分岐点となった2020年3月。写真:今年公開予定の劇場版『鬼滅の刃』無限列車編 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

日本のみならず、世界的に見ても大きな分岐点となった2020年3月。写真:今年公開予定の劇場版『鬼滅の刃』無限列車編 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable[写真拡大]

写真の拡大

 日本のみならず、世界的に見ても大きな分岐点となった2020年3月。ライフスタイルも一変してしまったなか、あらゆる方法で危機的状況を乗り越えようと、それぞれが考えているところだろう。そこで、この社会的影響を反映し、無料で配信を行っていたHuluの3月の月間ランキングから人気作を探っていきたい。

 ・ひと味違うネコの姿は必見! ネコ好きならずともオススメ

今回の1位に輝いたのは、2ヵ月連続のトップとなったアニメ『鬼滅の刃』。現在、子どもから大人まで絶大な人気を誇っており、いまや社会現象となっている。「週刊少年ジャンプ」で連載中のコミックが原作となっているが、大ヒットのきっかけは、2019年4月から放送が開始されたアニメがスタートしたこと。大正時代を舞台に、人と鬼との戦いが中心に描かれているが、その裏にある人間ドラマや美しい映像が大きな反響を呼び、少年漫画ながら女性ファンが多いことも特徴とされている。

また、その人気は芸能人にも広まっており、叶姉妹やDAIGO、椿鬼奴、SKE48の松井珠理奈、女優の吉川愛など幅広く、完成度の高いコスプレを披露してファンたちを喜ばせている。まだ公開日は発表されていないが、すでに劇場版『鬼滅の刃』無限列車編が2020年に公開されることも決定しているため、この勢いはまだまだ加速していきそうだ。

そのほか、『僕のヒーローアカデミア』や『名探偵コナン』といったアニメ作品は安定の人気といえるが、一方で徐々にランクを上げている傾向にあるのはバラエティ番組。現在、『月曜から夜ふかし』、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』、『しゃべくり007』の3番組がトップ10入りを果たしているが、気持ちが落ち込みやすい時期だけに、笑いを求めている人が多いのかもしれない。いずれにしても、様々なエンターテインメントが人々の心の支えのひとつとなっていることは間違いないだろう。(文:志村昌美/ライター)

【Hulu 3月の月間ランキング/TVシリーズ】
1位『鬼滅の刃』
2位『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』
3位『ウォーキング・デッド』
4位『僕のヒーローアカデミア』
5位『知らなくていいコト』
6位『トップナイフ −天才脳外科医の条件−』
7位『名探偵コナン』
8位『月曜から夜ふかし』
9位『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』
10位『しゃべくり007』

【関連記事】

 ひと味違うネコの姿は必見! ネコ好きならずともオススメ
『ヒロアカ』『鬼滅の刃』『コナン』…トップ10の半数をアニメが制す!
映画館は夏まで閉鎖の可能性も。新型コロナが襲うアメリカ映画界、日本への影響は?
新型コロナ感染拡大で映画界打撃、3月1位の『Fukushima 50』興収も伸びず

関連キーワード名探偵コナンパンダHuluウォーキング・デッド僕のヒーローアカデミア松井珠理奈SKE48週刊少年ジャンプ鬼滅の刃

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 一目で欲しくなるデザインのいすゞ117クーペ。©sawahajime
  • ローマン宇宙望遠鏡のイメージ。(c) NASA
  • (画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース