国際 RSS

 

ブラジル熱帯雨林、このままだと2021年には修復不可能になるという報告書

2019年10月29日 09:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 taraiok曰く、

 ピーターソン国際経済研究所のMonica de Bolle氏が発表した報告書によれば、ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領によるアマゾン開発推進がこのまま進んだ場合、2021年にはアマゾンの熱帯雨林は修復不可能な転換点を超えて破壊されるという(The GuardianSlashdot)。

 熱帯雨林が破壊されると十分な雨が降らないことでサバンナ化し、それにより数十億トンの炭素が大気中に放出され、南アメリカの天候は異常化するすことになるだろうとしている。

 この報告書は、気候科学者の間で論争を巻き起こした。転換点はまだ15〜20年先であると考えている人もいれば、ボルソナロ大統領と地球温暖化がアマゾンの生態系にもたらす危険を正確に反映していると認める人もいる。また、ブラジルの宇宙研究機関INPEは、2019年8月の森林破壊は2018年8月よりも222%進んだと報告している。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球

 関連ストーリー:
アマゾン炎上、ブラジル大統領曰く「環境団体が補助金削減の腹いせに放火した可能性がある」 2019年08月23日
地球温暖化により気候アパルトヘイトが発生するとの国連報告書 2019年06月29日
森林はむしろ増えている 2018年08月14日
100 年後の世界はどんな姿? 2012年01月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードブラジル地球温暖化

関連記事

広告