国際 RSS

 

北朝鮮、2015年に変更の標準時を元に戻す方針

2018年5月3日 18:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2015年、北朝鮮が標準時をそれまでの「GMT+9時間」から「GMT+8.5時間」に変更したが(過去記事)、これを元の「GMT+9時間」に戻す動きがあるようだ(AFP)。

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が示したもの。韓国の標準時も「GMT+9時間」であり、これによって北朝鮮と韓国の標準時間が同じになる。朝鮮半島の標準時は日本による統治以前は「GMT+8.5時間」だったそうだが、韓国併合後の1912年に日本と同じ「GMT+9時間」に変更されていた。

 スラドのコメントを読む | ニュース

 関連ストーリー:
米国の6州などで夏時間の廃止が検討される 2017年11月08日
ベネズエラ、節電のため金曜を休業日とし標準時間帯を30分早める 2016年04月18日
Microsoft、北朝鮮のタイムゾーンに対応する更新プログラムを10月20日から提供 2015年10月11日
北朝鮮、8月15日より標準時をGMT+8.5時間の「平壌時間」に変更へ 2015年08月11日
米国のタイムゾーンは多すぎる? 2013年11月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード韓国北朝鮮金正恩

広告

写真で見るニュース

  • 一目で欲しくなるデザインのいすゞ117クーペ。©sawahajime
  • ローマン宇宙望遠鏡のイメージ。(c) NASA
  • (画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース